Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】エースの覚醒5秒前!?ハイキュー!!352話【感想・考察】

f:id:akira-5:20190610043336j:image

 

おはようございます。最近プロ選手のバレーボール試合を見始めたあきらです。

 

今週も愛読している雑誌である「週刊少年ジャンプ」を購入しました。 

 

なので、毎週恒例の人気漫画「ハイキュー!!」の最新話レビューをしたいと思います。

 

ちなみに、先週号を読めていない・振り返っておきたいという方は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらに前回の話をまとめてあります。 

 

 ちなみに先週号では全国1のブロックチームである鴎台のブロックの要・昼神の過去が明かされる回でした。

 

バレー一家に生まれ、バレーボールをやるのが当たり前だったストイックな昼神が、星海の言葉で救われたエピソードが楽しめる素晴らしい回でした。

 

今回のVS 鴎台を読む中でとても重要な回でもあるので、ぜひ参考にしてください。

目次

 

今週号の見所

 

今週号の見所は間違いなく烏野3年生の絡みからの旭さん覚醒の伏線ですね。

 

強豪である鴎台の「鉄壁」に何度もスパイクを止められ続け、心が折れかけている旭さんへ、大地さんと菅さんがかける言葉。

 

そして、真の意味で「烏野のエース」になる決意をするのがかっこよすぎる回です!

 

今週号は見所が3つあったと感じたので、早速紹介します。

 

烏野3年生の絆

 

まず1つ目ですね。

 

せっかくのチャンスボールを鴎台ブロックにつかまってしまい、相手のブロックポイントにしてしまった旭さん。

 

監督も流れを変えるためにタイムアウトを取りますが、旭さんのメンタル状況としては宮城県大会の時に近いもので、旭さん曰く「自分はなんてダメなんだタイム」に陥りかけている状況。

 

そんな旭さんに1番に話しかけたのは、同期である大地さんと菅さんですね!

 

大地さん:「世界の終わり顔ヤメロォ。100本中100本決められる選手なんて居ねえ」

 

菅さん:「調子乗って凹んでんじゃねぇーーっ!!」

 

この2人の言葉で折れかけたメンタルを一時的に回復させられた旭さん。

 

烏野は基本的にチーム全員団結していますが、やはり3年生の団結力はグンを抜いて素晴らしいですね!

 

この烏野3年生の絆が1つ目の見所です。

 

烏野全員の鼓舞

 

2つ目です。

 

大地さんと菅さんの言葉で折れかけたメンタルをギリギリで繋いだ旭さん。

 

しかし結局のところは励ましの言葉よりも「鉄壁」を吹き飛ばしてスパイクを1本決めることが1番自信に繋がることも、旭さんを含め全員わかっています。

 

 そんな旭さんに狙いを定め、サーブで旭さんを狙い、ストレスを与え続ける鴎台。

 

普通の高校相手ならこれで完全に折れるのかもですが、烏野は違います。

 

旭さんが打てない時は、時期エースである田中が強烈なスパイクを放ちフォローします。

 

そして、もう一度旭さんのスパイクターン。全力スパイクをまたも鴎台のブロックエース・昼神に止められたかと思ったまさにその時、背中を託すヒーローが現れます。

 

そう、烏野の守護神である西谷です!

 

そして西谷がギリギリでフォローしたボールを影山が完璧にセットアップし、月島が速攻を決めてチーム一丸となって旭さんをフォローします!

 

昼神としては完全にへし折るつもりだった場面なので、西谷に対して多少の驚きがあったみたいですね。

 

この烏野全員でエースを支え、鼓舞する姿が2つ目の見所です。

 

覚醒への覚悟

 

最後ですね。

 

3年生の大地さん、菅さんの言葉の1つ1つ。

 

2年生の西谷、田中の頼もしすぎるフォロー。

 

そして1年生たちの大暴れっぷり。

 

その全てが旭さんにとって頼りになり、信頼している最高のチームの形です。

 

しかし、ただ一人だけコート上で信頼しきれていない選手がいる事に、改めて気づきます。

 

旭さんが唯一信頼できていない選手。それは旭さん自身です。

 

「お前はどうせ失敗する」「足を引っ張る奴め」というマイナスな言葉が自分の中で流れている事を実感しつつ、そんな自分と戦っている余裕がない事を改めて感じる旭さん。

 

そして、ついに今まで信頼できていなかった自分を味方と認識し、自分の弱さにも全て向き合い、真のエースとしての覚悟を決めます。

 

かっこよすぎですね。そして、全国1位のブロックに覚醒旭さんがどのように立ち向かうのか、今後が楽しみすぎますね!

 

この旭さん覚醒の伏線が、今週号最後の見所です。

 

感想

 

いやーー。アツいですね!!

 

先週号は昼神の過去編でしたが、今週号は圧倒的に旭さん覚醒への第一歩回でしたね。

 

そして伊達工を倒したあとは、あまり旭さんのメンタルに触れる試合は少なかったかと思うのですが、やはり心の中では自分を信頼しきれてなかったんですね。

 

一時期部活を休んでいた時に自信を失い、そこから完全復活したかに見えていましたが、今回「鉄壁」と再び対峙してまた似た壁が現れたという形ですね。

 

そんな自分も信頼できる烏野メンバーの一人だと認識した旭さん。これからどんなプレーだ飛び出すのか、楽しみしかないですね!

 

ちなみに、今回の旭さんメンタルブロック事件は、以前に行われた宮城県最強の防御力チームの伊達工戦を振り返っておくと、なお楽しむ事ができます。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

また、「単行本をお得に全巻揃えたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事で「ハイキュー!!」を実際に購入するより遥かにお得(数千円単位でお得)に購入できる方法をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ & 考察

 

改めて今週号の内容をまとめたいと思います。

 


ハイキュー!!352話の内容まとめ


鴎台のブロックが烏野エース・旭さんのスパイクを完全にドシャットし、サーブでも旭さんを狙い撃ちにしてストレスを与えつづけ、「エース潰し」にチカラを入れている。


タイムアウト中にメンタルが折れそうな旭さんに対し、大地さんと菅さんの3年生ズが独特に励ます言葉をかける。


3年生だけでなく、攻撃では田中、影山、月島が、防御面では烏野が誇る天才リベロの西谷が全力プレーでエースを支え、鼓舞する。


そんな全員のプレーや想いに応えるため、今まで唯一信頼できてなかった烏野プレイヤーである「旭さん自身」を信頼し、罪悪感・期待・恐怖心などの全てを背負って、自分自身を味方にする事を決意する。


 

こんな感じかと思います。

 

個人的に旭さんはどこか人間臭いというか、イメージ的には狢坂のキリュウのようなスパイカーという印象でしたが、遂に本当の意味で覚醒を遂げそうですね!

 

鴎台のブロックが異常に強すぎるだけで、音駒など防御力が高いチームからも無理やり点をもぎ取ってきた旭さん。

 

なので、ここでも「吸い込み」や「ブロックアウト」などの技術と「圧倒的な破壊力」で見事に切り抜けて欲しいですね!

 

目指せ「烏野版ウシワカ」ですね!

 

そしてファイナルセットは日向 VS 星海の「小さな巨人決定戦」をぜひ見たいです!

 

ちなみに、ハイキュー歴5年の僕が思う今後の展開の考察は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事でアツく語らせていただいているので、ぜひとも目を通していただければ幸いです。

 

それでは、今後の試合展開を妄想しつつ、来週号の発売を待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした!