Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】日向再覚醒!ハイキュー!!355話【感想・考察】

f:id:akira-5:20190701041752j:image

 

おはようございます。ハイキューを愛しているあきらです。

 

今週も愛読している週刊誌の「週間少年ジャンプ」を購入しました。

 

なので毎週恒例の人気マンガ「ハイキュー!!」の最新話レビューをしたいと思います。

 

ちなみに、「先週号を見損ねた」「最新話の前に前回の流れを振り返っておきたい」という方は

 

www.akira-5.work

 

↑こちらが先週号の流れをまとめた記事になります。

 

ちなみに先週号は、烏野の王道エースである旭さんがめちゃめちゃカッコいい回でした。

 

伊達工との試合ではブロックを恐れてトスを呼べなかった旭さんですが、全国1位のブロック力を誇る鴎台を相手に果敢に挑む姿がかっこよすぎます。

 

3年生同士の熱い絆も見所の最高の回なので、烏野3年生ファンや旭さんファンは必見です。

 

目次

 

今週号の見所

 

今週号の見所は、旭さんの活躍を見た後の日向の行動ですね!

 

「エース」の活躍を見て明らかに奮い立つ日向が、もしかしたら全国で最強の攻撃力になるかもしれない新技を編み出します。

 

今週号は大きく分けて4つの見所があったと感じたので、早速紹介していきます。

 

烏野陣の現状

 

まず1つ目です。

 

エース旭さんの渾身の「吸い込み」が炸裂し、ついに鉄壁をぶち抜いた烏野。

 

ベンチはもちろんとても盛り上がっており、特に日向は「旭さんくそくそくそかっけぇ〜〜!!」と全力で興奮するほど。

 

そしておれもブロック絶対振り向かす・・・!!と旭さんのプレーで完全に火がついた様子に。

 

その一方で「魔の3日目」が牙を向いていまして、テンションが上がっているのと同時に前回試合の音駒戦の疲れも残っている模様。

 

音駒と東京都大会で対決した梟谷エースの木兎も、「音駒にゴリゴリに削られてからの連戦はキツイな」というほど音駒戦は消耗すると発言し、

 

赤葦も「2点リード このセット逃げ切れるか・・・」と烏野の体力面を心配している様子ですね。

 

旭さんの活躍で大きくモチベーションが上がった烏野。このまま第2セットを逃げ切れるかがポイントになりそうです。

 

この烏野の現状が1つ目の見所です。

 

エース星海!

 

2つ目です。

 

鴎台のエースと言えば、ユース合宿にも参加しているサーブ、レシーブ、ブロック、トス、スパイクの全てをこなすオールラウンダー選手である星海ですね。

 

おそらく現状で最も「小さな巨人」に近い(もはやそれ以上)のチカラを持っている星海ですが、この場面でもエースの本領を発揮します。

 

まず、菅さんのサーブに狙われますが、そこは仲間がレシーブをカバーし、アタックポジションに入ります。

 

そして得意の超ジャンプから菅さんを狙った強力なスパイクで烏野に流れを持って行かせません。

 

普段なら月島・影山など高身長選手をエースのブロックに当たるローテにするのですが、

 

「星海にとって上手すぎるブロックはブロックアウトしやすい『的』になっちゃうから、最優先では無いのかも」という元小さな巨人の考察。

 

それだけ乗せるとヤバイ選手ですが、星海は全国レベルなビッグサーバーでもあり、加えて逆境に強いメンタルも持ち合わせていまして、

 

セット終盤でリードを許している時のサーブ程 燃える場面は無えな

 

と集中力を全開にし、ほぼサイドラインの上という誰もが動けない半端じゃないコースに強烈なサーブを炸裂させ、点差を同点に引き戻します!

 

これには梟谷エースの木兎も「おーう!」と驚きを隠せない様子で、黒尾や研磨、伊達工のメンバーも改めて星海を称賛している様子です。

 

当人の星海はもっと誉めろ!!!と会場の声援でさらに上がっている様子。

 

この鴎台のエース・星海の活躍が2つ目の見所です。

 

応戦する烏野

 

3つ目ですね。

 

星海の活躍に会場は鴎台へ声援を送りますが、キャプテンの大地さんはいちいち動じてらんねえよと冷静に現状を受け止めている様子。

 

大地さんに呼応するように、田中、西谷、旭さんも集中し直します。

 

そして星海の2回目のサーブ。これもまた恐ろしく強烈なサーブですが、田中が後ろにふっとびながらも何とかレシーブを上げます!

 

この烏野のメンバーによる、簡単に鴎台に流れをあげない徹底応戦が3つ目の見所です。

 

日向の覚醒!

 

最後ですね。

 

今週号の1番の見所と言っても過言でない場面です!

 

田中がなんとかあげたボールは客観的に見れば「乱れたレシーブ」ですが、天才セッター影山にとっては例により「ナイスレシーブ」というセットアップに問題が無い状況。

 

そしてマイナステンポの速攻に入る日向の思考としては

 

「ブロックに立ち向かう武器 ”はやさ” ”高さ” か」

 

から

 

「はやさ 高さ」

 

という思考へと変わり、

 

マイナステンポ + ”ドン” ジャンプというとんでもない結論にたどり着きます!

 

恐ろしいスピードと跳躍に、鴎台ブロックの要である昼神もやや対応に遅れている様子。

 

そして

 

ここまでちょうだいという日向の要求に、上等!!と初めてのパターンに完璧に合わせる影山。

 

烏野が誇るゴールデンコンビの本領発揮ですね!(月島も「まじかよ・・」と言わんばかりの表情を浮かべます)

 

この日向の更なる覚醒が、今週号最後の見所です。

 

感想

 

今週号は日向が「小さな巨人」と呼ばれるにふさわしい人材になる新しい必殺技が登場しましたね!

 

日向の新技の行方は来週なので、記念すべき一発目がどのような結果になるか楽しみでしょうがないですね!

 

マイナステンポの速攻はついていくだけで大変ですし、日向の本気ジャンプはブロックがわかっていても速攻と区別するのに頭を使うので、現状すでに対応しづらいのですが、

 

そこにマイナステンポで超ジャンプという3つ目の選択肢まで出てきたので、本当の意味で「最強の囮」と言えますね!

 

星海がオールラウンドに「小さな巨人」を超えていくのに対し、日向はあくまでも「速さと高さ」で「小さな巨人」を超えていく姿が、お互い別の強みが出ていてなんとも良いですね!

 

今後が本当に楽しみです。

 

ちなみに今回のVS鴎台戦は、第1セットを読み直したり、日向のこれまでの進化の歴史を辿って読むとなお一層楽しむことができます。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

また、「単行本をお得に全巻揃えたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事で「ハイキュー!!」を実際に購入するより遥かにお得(数千円単位でお得)に購入できる方法をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ&考察

 

改めて今週号の内容をまとめたいと思います。

 


ハイキュー!!355話の内容まとめ


烏野はエース・旭さんの活躍で士気がかなり上がるものの、音駒戦からの連戦なので体力的に少し心配がある状況。


旭さんが作ったリードも、鴎台のエース・星海がスーパープレーの連発で同点まで引き戻す。


星海のスーパープレーにも動じずに冷静にチームメイトをキャプテン・大地さんが鼓舞し、チーム全体として疲労感にやられることなく第二セットをたち振る舞えている。


ブロックをかわす為に「速さ か 高さ」という2択の思考から、「速さ と 高さ」というクレイジーな思考に昇華させ、マイナステンポのドンジャンプという新技を開発し日向がさらに覚醒する。

 

こんな感じかと思います。

 

日向も相当にぶっ飛んだ化け物ですが(褒め言葉です)、それにしっかり合わせる影山もまた化け物ですね!

 

おそらく全国でこの最強の速攻を繰り出せるのは日向×影山コンビしかいないはずなので、この技を持って「小さな巨人」に認定されるかもですね。

 

”なんでもできる” 星海か、”一芸を極めた” 日向か。

 

おそらくこの新技と覚醒した旭さんの攻撃力で第2セットは烏野が取ると思われるので、どちらが現在の「小さな巨人」認定を受けるのか、今後がとても楽しみですね。

 

   

ちなみに、ハイキュー歴5年の僕が思う今後の展開考察は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事でアツく語らせていただいているので、ぜひとも目を通していただければ幸いです。

 

それでは、今後の試合展開を妄想しつつ、来週号の発売を待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした!