Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】魔の三日目…!ハイキュー!!364話【感想・考察】

f:id:akira-5:20190909162806j:image

 

おはようございます。三度の飯よりハイキュー!!が好きなあきらです。

 

今週も大好きな週刊誌である「週刊少年ジャンプ」を購入しました。

 

なので、毎週恒例の人気マンガ「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに、「先週号を見逃した!」「最近読めていないから展開がわからない」「最新話の前に前回の話を振り返っておきたい」という方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらが先週号の内容をまとめた記事になります。

 

ちなみに先週号は小さな巨人」 VS 「最強の囮」のハイレベルな攻防が見れる神回でした。

 

小さな巨人本人からもお墨付きをもらうほど、自分ができるプレー全てを極めた星海と、速さと高さを徹底して極めた日向の激突は必見です。

 

日向のプレーを賞賛する他校メンバーのコメントも楽しめる回だったので、今週号を楽しむ上でぜひ参考にしてください。

目次

 

今週号の見所

 

今週号は烏野と鴎台の総力戦が見所です。

 

今まで圧倒的な攻撃力で対戦校に殴り勝ってきた烏野と、対照的に全国1のブロックで安定的に勝ち抜いた鴎台のそれぞれの長所が見所ですね。

 

日向 VS 星海もドンドン熱くなるので、小さなエースの戦いも注目です!

 

今週号は3つ見所があったと感じたので、早速紹介します。

 

日向の思考

 

1つ目ですね!

 

先週先々週から、速さと高さを使い分けるコトで動きが更にトリッキーになった日向。

 

恐ろしい攻撃力を誇りますが、さすがに全国大会ベスト4を決める試合だけあり、ローテーションは早めに回ってしまいます。

 

月島だと効率的に休みそうな気もしますが、日向の思考回路は

 

「もう後衛に回ってきちゃった。前衛10ターンくらいあればいいのに。」

「この次のサーブの時は山口と交替だろうし…」

 

ローテーションのルールに不満を感じつつも、いかにしてコートに残るかを考え続ける日向。

 

そして思いつく最高の結論が

 

ブレイクし続ければコートに居られるじゃん!!

 

という相変わらずの超脳筋思考を発揮します。

 

体力おばけですね笑

影山が振り回される意味がよく分かる思考だなと感じる場面です。

 

この、日向の思考回路が1つ目の見所です。

 

総力戦ラリー!

 

2つ目です。

 

思考が終わり、日向のサーブ。

 

目指せ12連続得点!!!

と意気込んで放ったサーブはまさかのネットイン!

 

鴎台から直返りのチャンスボールを手に入れると、助走不十分の烏野とブロック不十分の鴎台が激突します。

 

烏野メンバーほぼ全員が攻撃に入って来ることで、情報処理が追いつかずブロックが乱れている鴎台。

 

しかし、それでも鴎台ブロック陣の潜在意識には刷り込まれている情報があり、それは、

 

俺たちの情報処理が不完全な時こそ、”ツー”の可能性!!

 

と、影山お得意のツーアタックにまさかのブロックが3枚つきます…!

 

ドシャットしたかに思われたボールは、まさかの助走中の大地さんの足にぶつかり、鴎台コートにシュートする奇跡の返球をみせます!

 

 

攻撃意識高い系バレー部主将として 日向には負けん!!!

 

という意気込み。 

 

日向に触発されたのは大地さんだけでなく、月島も鴎台のアタックをしっかりとリードブロック。

 

ワンチしたボールを日向がレシーブし、そのボールを再び月島がド真ん中から撃ち抜くモーションに入ります。

 

鴎台も3枚壁を揃えてリードブロックで応戦しますが、月島がそのブロックを撃ち抜いて攻撃成功!かと思いきや、

 

星海が超ファインレシーブで月島のスパイクを通しません!

 

スーパレシーブに、天才リベロの西谷・夜久も気持ちが震えるほどです。

 

そして打って変わり、鴎台の攻撃ターン。スパイカーは2m越えの長身・白馬。

 

田中のブロックの上から叩きつけるようなスパイクを放ち、鴎台の攻撃が成功!かと思いきや、

 

今度が日向がスーパーレシーブを披露し、白馬の攻撃を完璧に捉えます!!

 

セット終盤にきても、攻守のどちらでも大活躍な日向・星海。

 

この両チーム死力の総力戦が2つ目の見所です。

 

”魔の三日目”

 

ラストですね。

 

日向のスーパープレーで完璧にレシーブされたボールはゆっくりとセッター影山の頭上へ。

 

そしてこのチーム一丸で作った大切なチャンスボール。助走に入るのはもちろん烏野メンバー全員です。

 

「僕も」

「俺も」

「俺が」

「俺も」

 

居るぞ!!!

 

と行動で気持ちを表しており、日向の影山に至っては、

 

来い!」「くれ!

 

を完全に同じタイミングで思考しており、超必殺技の ”シロマイナス” を発動します!

 

影山の最高のセットアップから放たれるバックアタックは見事に鴎台コートに突き刺さり、このハイレベルなラリーは烏野が制します!

 

アツすぎる!!

全国トップのブロックを相手に、本当に強すぎますね。

 

そしてこの得点で逆転に成功した烏野。日向の覚醒からはかなり押している状況なので、このまま突き進めば勝利が見えそうですね!

 

しかし…

 

このスーパープレーのあと、田中とハイタッチしようと動き出した日向はそのままコートに倒れこむようにして今週号は幕引きです。

 

”魔の三日目” で最初に脱落したのはまさかの日向。

 

これからの展開が気になります…。

 

この魔の三日目の恐怖が今週号最後の見所です。

 

感想

 

日向が強すぎですが、同時に日向がいなくなってしまいますね…。

 

烏野が全国でこんなにも勝ち残れているのは「日向がいてくれるおかげ」という感じは否めないので、これからの展開が気になりますね。

 

個人的には旭さん一人では鴎台のブロックを突破するのが相当厳しい気がしており、敗戦ムードもありますね…。

 

今まで日向の攻撃力を頼りにしていただけに、日向が抜けてしまうのはかなり痛いですが、伊達工の時のようにエースに切り開いて欲しいですね…。

 

ちなみに、今回のVS 鴎台戦は、宮城県大会の伊達工との試合や全国大会での音駒戦を見返しておくと一層楽しむことができます。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

また、「単行本をお得に全巻揃えたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事で「ハイキュー!!」を実際に購入するより遥かにお得(数千円単位でお得)に購入できる方法をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ & 考察

 

改めて今週号の内容をまとめたいと思います。

 


ハイキュー!!364話の内容まとめ


日向は「ブレイクし続ければずっと試合に出場できる」と考え、終盤でも手を抜く気は一切なく、バレーボールを純粋に楽しむ。


そんな日向に触発され、大地さん・月島など他のメンバーたちも気持ちに改めて火がつく。


月島・白馬も果敢に攻撃をするが、星海・日向のスーパーレシーブなどで得点にはならず、その均衡を烏野ゴールデンコンビの ”ウシロマイナス” によって破り、烏野が逆転する。


音駒戦から、誰よりも動き続けていた日向がついにガス欠。コートに倒れこむ。


 

こんな感じかと思います。

 

日向離脱が痛すぎますね。ウシワカの時の月島離脱以上に厳しいものがあります…。

 

日向が限界ということは、誰よりも多くボールに触れている影山ももしかしたら相当厳しい可能性がありますね。

 

日向・影山の二人が交代になればさすがに勝利は厳しい予感がしますね…。

 

個人的には木兎との師弟対決がみたかったのですが、どうなるのでしょうか…。

 

超個人的には、日向なしで切り抜けてくれるんだろうなと勝手に考えているので、来週に期待ですね!

 

ちなみに、ハイキュー歴5年の僕が思う今後の展開考察は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事でアツく語らせていただいているので、ぜひとも目を通していただければ幸いです。

 

それでは、今後の試合展開を妄想しつつ、来週号の発売を待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした!