Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】小き者の戦争!ハイキュー!!363話【感想・考察】

f:id:akira-5:20190902161132j:image

 

おはようございます。ハイキューが大好きなあきらです。

 

今週も週刊少年ジャンプを購入したので、毎週行っている超人気マンガ「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに、

 

「先週号を見逃した」「最近読めてないから展開がわからない」「前回の話を振り返ってから最新話を知りたい!」という方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらが先週号の内容をまとめた記事です。

 

ちなみに先週号は、日向が遂に自分の一番の役割(呼ばれたい異名)を公言した激アツの回でした。

 

小さな巨人」である星海と戦う中で日向も著しく成長してきましたが、その集大成を感じられるとても熱い回でした。

 

VS鴎台の試合を楽しむ上で間違いなく必見回なので、今週号を楽しむためにも一読してみてください。

目次

 

今週号の見所

 

今週号の見所は何と言っても日向 VS 星海の激突ですね!

 

「最強の囮」として全国に名前を轟かせている日向と、「小さな巨人」として君臨する星海のそれぞれの良さをとことん感じられるいわゆる神回です。

 

今週号は見所が4つあると感じたので、早速紹介します。

 

最強の囮

 

まず一つ目ですね。

 

先週号のラストで星海に対して「自分は ”最強の囮” と呼ばれたい」という自分の秘めた思いに気づき、それを打ち明けた日向。

 

思い出すのは今までの会話の回想でして、

 

「最強の!!囮!!」

「おおお!?おおお… なんかパッとしねぇぇ…」

 

そんな日向に対して相棒の影山は

 

「”エース” って冠がついてなくても お前は誰よりも沢山の得点を叩き出して だからこそ敵はお前をマークして 他のスパイカーはお前のお陰で自由になる!」

 

それでもお前は 今の自分の役割がカッコ悪いと思うのか!

 

かなり懐かしい、旭さんの復帰試合で影山が日向に言い放った言葉ですね。

 

この言葉を思い出した日向が心から思うことは、

 

「…思わない」

本当に 思わない

 

と、今までの全ての試合経験を通じて心の底から「最強の囮」の素晴らしさを実感している様子ですね!

 

あくまでも、本気で点数を狙いに行く過程で相手が自分に釣られることに誇りを持っているのかなと感じます。

 

そして、その行動には相棒の影山の存在が不可欠なコトも認めた上での発言なので、本当にカッコいいですね!

 

何を今更。俺はずっと言ってんだろうが ”最強の囮” はカッコいい。セッターの次に。

 

と相変わらずの影山節で声をかけます。

 

試合前に、日向が「小さな巨人」がバレーボールを続けてないことを知ってもショックお受けなかった際、「やっとかよ」と言い放った影山の真意はこういう事だったのですね!

 

この日向の発言や心情が一つ目の見所です。

 

小き者の強さ

 

2つ目ですね。

 

日向の一連の話を聞いていた星海。

 

今までは「小さいコトをバカにする者」や「似たプレースタイルの選手」をはね退けて、自分が登りつめるコトを追求していた星海。

 

そんな彼にとって、日向 翔陽の存在は良い意味で「異例」だったようで、素直に嬉しい気持ちにもなっている星海。

 

「…だから「小さな巨人」の名前は星海さんどうぞ」

「『あげます』みたいに言ってんじゃねーよっっ 最初っから俺んだ!!!」

 

というコントを挟みつつも、星海は上機嫌に高笑い。

 

俺たちの強さは ひとつなんかじゃない

 

と日向を「自分とは違う強みを持った優秀な選手」と心から認め、「小さな者」に新しい可能性を感じます。

 

そんな星海、プレーは相変わらず ”優秀” を極めておりまして、バックアタックを仕掛ける場面で、ブロック2枚、強打対策、ブロックアウト対策も完璧な烏野の布陣。

 

穴はないかと思われた所でもフェイントでボールを前に落とし、無理やり1点をもぎ取ります!

 

いやー、強すぎますね。絶好調の星海の言葉は、

 

目の前の相手はすべて 倒さなくちゃいけないと思ってた。

けど今日はちょっと違う

倒してみたい

 

と、チームメイトが鳥肌を立たせるくらいの本気度と楽しそうな雰囲気を漂わせる星海。

 

現代の小さな巨人、強すぎますね。この星海の心境とプレーが2つ目の見所です。

 

鉄壁破壊

 

3つ目です。

 

星海が攻めたあとは、我らが最強の囮の日向も全力で応戦します。

 

昼神の鬼サーブを完璧に捉える大地さん。そしてそのボールをマイナステンポで攻撃モーションに入る日向。

 

鴎台ブロックもここまでは対応しますが、その日向がまさかの ”ナナメ跳び” を発動します!

 

”高さ” と ”速さ” の合わせ技を披露してただでさえ厄介な日向。

 

コートの注目が一番集まっているだけに、このプレーに驚いた鴎台ブロックは日向を止めに入ります。

 

しかし、トスが上がるのは日向ではなく次期エースの田中。

 

鴎台相手に ノーブロック 

 

と最高に気持ち良いスパイクを決め、観客席の木兎と共に「フゥーーーッ!」とテンションを高めます。

 

日向の大活躍により、全国1位の「鉄壁」にかざあなを空けた日向。

 

この日向の攻撃が3つ目の見所です。

 

上がるモチベーション

 

最後ですね。

 

日向のスーパープレーで烏野メンバーはテンションをあげますが、気持ちが高まっているのはフィールドプレイヤーだけじゃありません。

 

観戦している白鳥沢の天童は、

「いいじゃないいいじゃない!皆 思うまま飛びついたらいいじゃない」

 

ととにかく楽しそうで

 

研磨と黒尾も

「出たナナメ跳び〜。畳みかけるね翔陽。」

「緩急がエゲツねえよ…」

 

と、客観的に見つつもブロックを労っている様子。

 

稲荷崎の宮 侑に至っては、

「鴎台ブロックの頭ン中 今 グッチャグチャやでぇー!」

「ええなあ飛雄くん。翔陽くん使ってブロックブン回すん 楽しいやろなあっ…!」

 

と、もはや影山に自己投影し、ワクワクしてしまっている様子。

 

全国1位のブロックを振り回すのは、セッターにとっては快感以外の何者でもないんですね笑

 

そして何より、この日向のプレーを見て、ベンチからローテーションでフィールドに入る月島が考えるのは、

 

日向に負けてたまるか

 

という感情ですね!

バテ気味だった月島ですが、日向のプレーでまた復活に向かっているみたいです。

 

この周囲に与える影響が今週号最後の見所です。

 

まとめ

 

日向と星海がカッコ良い神回だったかなと思います!

 

VS 鴎台は個人的に終始好きではありますが、ここ3週間ほど本当に面白い話が続いているなと感じます。 

 

小さな巨人対決」と思っていましたが、蓋を開けてみれば日向も星海もそれぞれのバトルスタイルで頑張っており、似て非なるものですね。

 

ファイナルセット中盤、これから月島も加わりどのように試合が展開されるのかが楽しみですね。

 

ちなみに、今回の試合は以前のユース合宿の風景や ”鉄壁” 伊達工との試合、音駒高校との全国大会での試合などを振り返っておくと更に楽しむことができます。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

また、「単行本をお得に全巻揃えたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事で「ハイキュー!!」を実際に購入するより遥かにお得(数千円単位でお得)に購入できる方法をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ & 考察

 

改めて今週号の内容をまとめたいと思います。

 


ハイキュー!!363話の内容まとめ


日向が自分のことを「最強の囮」だと心から認識し、そんな日向の心境も相棒の影山はわかっていた。


・ 「自分と似た選手は全員倒して登りつめる」という思考だった星海も、日向を見て自分たちにも様々なあり方があって良いと再認識。対等な日向を「倒してみたい」という心境になる。


星海のスーパープレーが出るも、日向のナナメ跳びによって初めて鴎台の鉄壁を釣りあげ、田中の全力スパイクで同点にする。


日向のプレーに触発され、観客全員が盛り上がるだけでなく、普段ローテンションの月島も「日向に負けたくない」と、体力バテを気にせず改めて試合に集中。


 

こんな感じかと思います。

 

月島のプレーが復活することを考えると、ここからは「ブロックアウト避け」が出てくるかなと思います。

 

そして多分ですが、「ブロックアウト避け躱し」などを星海が開発して、空中戦がまた一段と熱くなる予感がします。

 

ファイナルセットはあまり目立っていないので、旭さんも加わるかと思います。

 

日向・旭さん・月島を主軸に攻略を進めるのかなと予想します! この先の展開が楽しみなので、また来週に期待ですね!

 

ちなみに、ハイキュー歴5年の僕が思う今後の展開考察は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事でアツく語らせていただいているので、ぜひとも目を通していただければ幸いです。

 

それでは、今後の試合展開を妄想しつつ、来週号の発売を待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした!