Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】昼神の恐怖!ハイキュー!!360話【感想・考察】

f:id:akira-5:20190805042400j:image

 

おはようございます。三度の飯よりハイキューが好きなあきらです。

 

今週も大好きな週刊誌である「週刊少年ジャンプ」を購入しました!

 

なので今週も恒例の人気漫画「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに、「先週号を見逃した!」「最新話の前に前回の内容を振り返っておきたい」という方は

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらが先週号の内容をまとめた記事です。

 

ちなみに先週号は鴎台のチームメンバーの強さを再確認できる回でした。

 

ユース選手の星海がその本領を十二分に発揮する姿と、鴎台強さを象徴する「束ブロック」が炸裂する激アツの内容でした。

 

前回の話を振り返っておくと今週号がなお一層面白いので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

今週号の見所

 

今週号の見所もやはり鴎台の安定感ですね。

 

星海が安定してエース級の活躍をするのと同時に、鴎台のブロックエース・昼神が恐ろしいほどの冷静さを発揮します。

 

そして烏野が苦手だった「基礎が出来てて崩れないチーム」の完成系とも言える鴎台への反撃の始まりとも言えるので、その点も必見です。

 

今週号は見所が4つあったと感じたので、早速紹介していきます。

 

月島のスタミナ

 

まず一つ目ですね。

 

先週号のラストで鴎台の3枚リードブロックである通称「束ブロック」を前に、避けようとした結果アウトになってしまった月島。

 

以前に影山に伝えた「逃げんなよ」というセリフがブーメラン的に返ってきている現状に、

 

「影山にあんなこと言っておいて 情けない」

 

ともう一度集中し直している様子です。

 

そんな月島を狙って白馬がサーブを打ち込んできます。月島もなんとかレシーブしますが、明らかに動きが悪くなっており、烏養監督も

 

「月島は体力の限界が近いか…」

 

という思考回路になりますが、月島からの言葉は

 

僕 まだ大丈夫なんで

 

という試合に出たいアピールですね!

ウシワカと戦ってから、本当にバレーボールへの考えが変わっていてカッコイイですね。

 

この月島の体力の限界が1つ目の見所です。

 

怒涛のラリー戦

 

2つ目ですね。

 

月島の体力がかなり限界近くなっていますが、ラリー戦はハイレベルで進んでいきます。

 

旭さんが強烈なスパイクを決めれば、次は星海がブロックアウトで手堅く得点を重ねていきます。

 

青城の金田一と国見も、

 

「日向なんかやれ…!」

「お前いっつもアバウトだな」

 

とテレビに向かって熱く観戦しつつツッコミを入れている状況です。

 

得点も烏野が9点、鴎台が11点となかなか2点差が縮まらない状況でもあるので、この状況を打開するために両校全力を出し切ります。

 

この怒涛のラリーが2つ目の見所です。

 

”不動”の昼神!

 

3つ目ですね。

 

個人的に今週号の一番の見所がここですね。

 

2点差がありリードしている鴎台ですが、攻略対象は変わらず日向の ”どんジャンプマイナステンポ” と旭さんの ”大砲スパイク” の2つです。

 

その中で攻略の糸口を掴むのが鴎台ブロックの要である昼神ですね!

 

「あのさ光来くん」

「日向 翔陽のあのハイジャンプは 両足踏切でしか使えないんじゃないかと思うんだけどどうだろう?」

 

「…ああ だろうな。両足でしっかり踏み込んでこそのジャンプだ」

 

「じゃあ多分だけど 片足踏切で体重が流れがちなブロードではあのジャンプは使えない

適度にビビっていこう

 

と、早速マイナステンポ+どんジャンプの攻略方法のひとつを発見する恐ろしい観察眼を見せます。

 

いざ試合でも、旭さんのスパイクを必ず2枚のブロックで止めにかかるなど、圧倒的なディフェンス力を見せます。

 

しかし、一回止められても殴り返すのが烏野スタイルでして、もう一度旭さんへセットアップし、万全の助走でアタックモーションに移る旭さん。

 

烏野3年生が全員ブチ破れ!!と旭さんのスパイクに絶大の期待を寄せ、見事に昼神のブロックとネットの間にボールを打ち込みます!

 

しかし、

 

「吸い込み」が決まり烏野の得点かと思いきや、昼神が冷静にレシーブし、そのボールを星海にセットアップし、ここも確実に決めていきます!

 

鴎台メンバー、強すぎますね…!!

 

日向の対策もすぐに思いつき、旭さんの攻撃にも対応する昼神の恐ろしさが3つ目の見所です。

 

烏野の反撃開始!

 

最後ですね!

 

昼神のファインプレーに盛り上がる場内。

それを目撃した宮兄弟も、

 

「…俺ら中学ん時昼神と戦ったことあるんですけど、なんちゅーか」

「もっと鬼気迫る感じやったんですよ。」

「高校なってから最初気付かんかったもんな」

「うん。強いけど余裕がない感じやった」

 

と中学時代の「エリートに執着していた昼神」を知っている分、今の冷静な昼神に違和感がある様子。

 

当の昼神としては、

 

「レシーブ上げるのもブロック決めるのも技術 思考のコントロールも技術。でも、そういうの全部の基盤はあの教え」

 

ミスったって死なない

 

と、自傷行為をするほどに自分を追い詰めていた昼神に、星海がかけた言葉が今でも全てのプレーの基盤になっているみたいですね!

 

その後の鴎台のサーブは星海。

 

超ビッグサーブでレシーブが乱れますが、日向は構わずにマイナステンポで飛び込み、影山はその日向に合わせて完璧なセットアップをします。

 

しかし、

 

こいつらは影山 飛雄と日向 翔陽だ

 

と、速攻で来ることまで客観的に予測し、まさかのその攻撃もブロックします!

 

「やった!」と言わんばかりに笑顔を見せる星海と昼神。

しかし烏野もそのままやられっぱなしでいるわけもなく、

 

ヘイ!!勝手に絶望すんじゃないよっ

 

という応援団長の冴子姉さんの発言とともに、大地さんが気合のレシーブでドシャットを防ぎます!

 

キャプテンめちゃめちゃカッコ良いですね!

 

そしてそのボールを受ける影山・旭さん・日向の思考は共通でして、

 

どうする どうする 次 どうする

 

と、誰一人として絶望しておらず、昼神をはじめ、鴎台ブロックをいかに突破するかを思考し続けます。

 

この烏野の反撃開始のシーンが今週号最後の見所です。

 

感想

 

今週は月島のスタミナ切れと昼神の恐ろしさが垣間見える回でしたね!

 

昼神は本当に努力家ですし、バレーボール一家に生まれただけありかなりのハイスペックですね…。

 

今まで登場した選手の中でも間違いなくトップクラスの戦闘力ですね!

 

加えてオールラウンダーの星海までいるとなると、いよいよ状況が苦しいですね。

 

これから烏野が全国1位の鉄壁をどうやって攻略していくのかが本当に気になりますね。

 

ちなみに今回のVS 鴎台戦は、宮城県の鉄壁であるVS 伊達工の試合を振り返っておくと一層楽しむことができます。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

また、「単行本をお得に全巻揃えたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事で「ハイキュー!!」を実際に購入するより遥かにお得(数千円単位でお得)に購入できる方法をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ&考察

 

改めて今週号の内容をまとめたいと思います。

 


ハイキュー!!360話の内容まとめ


音駒からの連戦で今回の試合に臨んでいるので、月島のスタミナが切れかかっていますが、それを気合でなんとかしている状況。


烏野のエース・旭さんと鴎台エースの星海を中心に、お互いに一歩も譲らない怒涛のラリー戦を繰り広げる。


昼神のずば抜けた観察眼と対応の早さで、烏野のダブルエースである日向と旭さんの攻撃をかなりの確率で防ぐ超技術を見せ、その技術の裏付けは星海との過去が基盤になっていると改めて発覚。


星海・昼神のコンビに押され気味ですが、大地さんが全力レシーブと烏野メンバーも「どう点を取るか?」を考え続けて反撃の糸口を探し続けている。

 

こんな感じかと思います。

 

やはりこの試合の鍵になるのはお互いのキープレイヤーをいかに攻略できるかにかかってそうですね!

 

今のところは鴎台が一歩リードしている雰囲気ですが、どこかしらのタイミングで烏野も攻略を開始しそうな雰囲気ですね。

 

たぶん今回の突破口になるのは日向の攻撃になるかなと思いますが、どんな攻撃なら打ち崩せるかが予測できないですね!

 

個人的な感覚としては、今までのハイキューのチームの中で一番の安定感と強さを持っているのが鴎台なので、相応にぶっ飛んだ技で攻略して欲しい感がありますね!

 

烏野が勝つと思っているので、今後の展開に期待ですね!

 

ちなみに、ハイキュー歴5年の僕が思う今後の展開考察は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事でアツく語らせていただいているので、ぜひとも目を通していただければ幸いです。

 

それでは、今後の試合展開を妄想しつつ、来週号の発売を待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした!