Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】攻略しあう両校!ハイキュー!!348話【感想・考察】

f:id:akira-5:20190513113440j:image

 

おはようございます。三度のメシよりハイキューが好きな、あきらです。

 

今週も大好きな週刊誌の「週刊少年ジャンプ」を購入しました。

 

なので、毎週行っている人気漫画「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに「先週号を読み忘れた or まだ読んでない・振り返っておきたい」という方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらが前回の内容をまとめた記事です。

 

前回の話は、苦戦を強いられている烏野がそれぞれ「最強のブロックを突破するための行動」を実践している回でして、日向・影山の1年生コンビが大活躍の回でした。

 

今後の試合展開が変わりそうな予感をとても感じさせてくれる回でしたので、日向・影山ファンや今週号をより楽しみたい方は必見回です。

 

ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

今週号の見所

 

今週の見所は、烏野の怒涛の攻撃と「全国1位」とも言われる鴎台のブロック精度ですね。

 

先週に反撃の糸口を掴んだ烏野がめいいっぱい攻撃を繰り広げる姿と、それを阻止しようとする鴎台の恐ろしさが改めて分かる回でした。

 

日向だけでなく、烏野エースの旭さんも活躍するのが個人的な素晴らしい点です!(旭さん好きなので!)

 

今週号は見所が3つあったと感じたので、早速1つずつ紹介します!

 

激しいラリー

 

まず1つ目ですね。

 

第2セットになり、日向・影山の活躍もあり少しずつ鴎台の「鉄壁」を攻略していく烏野メンバーたち。

 

しかし、ユース選手の星海がそう簡単に「攻撃」において引くはずがなく、ビッグサーブや月島を狙ったブロックアウトで点数を稼ぎます。

 

星海が月島に対して上手いブロックだから狙い易いぜ!!と満面の笑みで伝えるシーンがめちゃ面白いですね笑

 

もちろん烏野も黙っているはずがなく、日向のマイナステンポのブロード攻撃や、旭さんのパワースパイクなどで簡単に流れを渡さない、一進一退の攻防を見せます。

 

この両校一歩も譲らないラリー戦が1つ目の見所です。

 

戦略的な選択

 

2つ目ですね!

 

これは主に監督同士の戦いでもあるのですが、今回のセット、烏野はいつもと異なったローテで戦っています。

 

具体的に言うと、いつもは月島・影山の長身コンビが前衛でブロックをする事で「安定的な防御力」があるローテで戦っていました。

 

しかし今回はそのローテを捨て、日向の攻撃で鴎台の鉄壁を切り開く、「攻撃重視のローテ」を選択している状態です。

 

対して鴎台のローテは、ビッグサーバーを連続して回し、”リリース” と呼ばれるサイドのブロッカーを端に配置し、エースも警戒し、確実に完封していくという「サーブ&レシーブをより強化したローテ」を選択しています。

 

これらの戦略がぶつかりあっていく中で、「1枚ブロック」と感じた旭さんのスパイクを組織的に3枚壁にし、ドシャットを決める鴎台。

 

現段階では、鴎台のローテの方がハマっている形ですね。この選択したそれぞれの戦略のぶつかり合いが、2つ目の見所です。

 

日向封じ!

 

最後ですね!

 

前回の話で日向の「横幅めいっぱいブロード」に対応が遅れた鴎台ディフェンス陣。

 

その意表を突かれて影山にツーアタックをくらい失点するなど、「鉄壁」らしからぬ失点を許してしまいましたが、それをすぐに修正するのが「全国トップのブロック」の真髄でして、

 

「2度目はくらわない」と言わんばかりに、旭さんだけでなく、日向も徹底マークします。

 

今のところ、得点で言うなら日向と鴎台で一勝一敗という形です。

 

ここで「攻撃強化装置」である日向が、鴎台ブロックをブチ抜いて名実ともに「小さな巨人」の称号を得られるか。もしくは鴎台ブロックにやられてしまうのか。

 

この分かれ道が第2セットの大きなポイントになりそうですね。

 

この日向の攻撃への対策が、今週号最後の見所です。

 

感想

 

いかがでしたか?

 

2度3度と読み直して改めて思いますが、鴎台、マジにめちゃめちゃ強いですね笑

 

毎週このセリフを言っている気もしますが、先週号で日向・影山が得点に絡み始めたのでそのままの勢いでイケるかとも思いましたが、簡単に勝たせてはくれそうにないですね。。。

 

個人的には「VS鉄壁再び」感があるので、ぜひとも鉄壁に因縁のある旭さんに活路を見出してほしいのですが、どうなることか・・・

 

ちなみに、このVS鴎台戦は、以前に宮城県大会で「鉄壁」と言われる伊達工と戦った話や、ユース合宿での星海の初登場を振り返っておくとなお一層楽しむことができます。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

また、「単行本をお得に全巻揃えたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事で「ハイキュー!!」を実際に購入するより遥かにお得(数千円単位でお得)に購入できる方法をまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ&今後の考察

 

改めて今週号の内容をまとめたいと思います。

 


ハイキュー!!348話の内容まとめ


烏野と鴎台が、お互い1歩も譲らないハイレベルなラリーを繰り広げている。


烏野は月島・影山の長身コンビによる安定的な防御ではなく、日向・影山による「鉄壁を打ち壊す攻撃的ローテ」を選択


鴎台は得意スタイルの「ビッグサーブで崩し、ブロックで点を取る」スタイルをさらに強化し、”リリース”という対旭さん用のブロック作戦に変更。


リリースにより旭さんも止められ、日向の攻撃も完全に阻止すると、鴎台メンバー全員がブロックに(自分たちのローテを有利に)するのに全力を注ぐ。


 

と、こんな感じかと思います。

 

ここで旭さんの大砲が防がれるのは少し痛いですが、個人的な考察としては日向が星海のプレーを取り込みパワーアップと、旭さんが鉄壁を「自力で」ぶち抜くと考えてます。

 

理由は単純で、このセットで日向が攻撃面だけでも星海に追いつけないと、「小さな巨人」が星海で確定してしまうこと。

 

そして、旭さんが宮城県大会の時とは比べものにならないくらい攻撃力をあげていて、音駒のブロックも何度もぶち破った事が根拠です。

 

妄想の域ですが、ファイナルセットまでは行くと思っているので、エースと最強の囮の活躍に期待ですね!

 

ちなみに、ハイキュー歴5年の僕が思う今後の展開の考察は、 

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらの記事でアツく語らせていただいているので、ぜひとも目を通していただければ幸いです。

 

それでは、今後の試合展開を妄想しつつ、来週号の発売を待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした!