Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】鴎台の本領発揮!ハイキュー!!344話【感想】

f:id:akira-5:20190408142056j:plain

 

おはようございます。スポーツ観戦なども含めてスポーツが大好きなあきらです。

 

今週も僕が愛読している週刊誌の「週刊少年ジャンプ」が発売されました。

 

なので、毎週恒例の人気マンガ「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに、「先週号を見損ねた!」「何週か読めてなかったから、展開がよくわからない」「最新話の前に、前回の話を振り返っておきたい!」という方は、

 

www.akira-5.work

 

こちらが先週号の内容をまとめた記事です。

 

ちなみに先週号では、ユースにも選ばれている鴎台のエース・星海の過去が明らかになる、終始「星海回」でした。

 

星海が一体どんな経緯でユースに選ばれるほど強くなったのか。それがわかる回でもあります。

 

そして、現状もっとも「小さな巨人」に近いとされていましたが、もはや超えているんじゃないかと思うほどのチート性能っぷりを見せてくれます。

 

今週号を楽しむ上で必見回かと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

今週号の見所

 

今週号の見所は、間違いなく「鴎台の本来的な実力」ですね。

 

前回の話で鴎台エース・星海の強さを改めて実感できましたが、今回はその星海の爆発に加えて鴎台のチーム的な強さが明らかになる回でした。

 

今週は見所が3つあると感じたので、早速紹介します。 

 

ユース星海爆発!

 

まずは1つ目ですね!

 

先週号で「小さいことによる身長的ハンデが自分にある」ことをバネにして、レシーブ、トス、ブロックとすべての行動を一流にするまで昇華させたことがわかった星海。

 

全部の行動ができるという、ユースに選ばれる理由がうなづけることに加えて、当たり前ですが「攻撃力」も恐ろしく高く、

 

f:id:akira-5:20190408142350j:plain

 

 

f:id:akira-5:20190408142411j:plain

 

f:id:akira-5:20190408142430j:plain

 

スーパーリベロの西谷も反応できないほどのビッグサーブで、主導権を烏野に渡しません。さらに加えて、

 

f:id:akira-5:20190408142459j:plain

 

f:id:akira-5:20190408142523j:plain

 

f:id:akira-5:20190408142652j:plain

 

打つ体制とは逆の方向にスパイクを打ち込み、バックアタックも華麗に決めて見せる星海。

 

この「空中で打つ方向を変える」という技術は、全国3本指に入る大エースのウシワカもやっているほどの高等技術ですね!

 

レシーブ、ブロック、トス、サーブ、スパイク。

すべてのアクションを全国レベルでこなす、星海のやばさが1つ目の見所です。

 

デディケート・シフト再び

 

2つ目ですね!

 

星海の活躍により鴎台のペースになるかと思われた試合ですが、簡単に流れを持っていかないのが数々の「殴り合い」を制してきた烏野でして、

 

f:id:akira-5:20190408142727j:plain

 

日向の変人速攻が効かない相手に対しても、強力なレフトからの攻撃で得点をもぎ取る烏野。

 

エース・旭さんがブロックにビビらずに打ち込んでいるのが個人的にかなり嬉しいですね!笑

 

しかし、その旭さんへの対応も早く、鴎台の選択した作戦は、

 

f:id:akira-5:20190408142751j:plain

 

最大のライバルの1つであった音駒高校が使っていた「デディケート・シフト」ですね。

 

音駒は日向の変人速攻対策として使った作戦ですが、鴎台は利用した理由がまったく別でして、

 

f:id:akira-5:20190408142812j:plain

 

f:id:akira-5:20190408142842j:plain

 

完全にレフトからの攻撃(今回の場合は旭さんの攻撃)を警戒する体制ですね。

 

その効果はかなり絶大でして、

 

f:id:akira-5:20190408142936j:plain

 

レフトからの攻撃に早速対応してみせます。

 

西城や音駒並みの立て直しの早さですね。えぐい・・・。

 

このデディケート・シフトによる防御が2つ目の見所です。

 

ブロック ”最強” チーム

 

最後ですね。

 

デディケート・シフトにしたことでレフトからの攻撃に対処する鴎台。しかし、レフトにディフェンスを集中させることで1つの疑問が出てきまして、それが、

 

f:id:akira-5:20190408143005j:plain

 

これですね。「サイド以外からの攻撃に対応できないのではないか?」という疑問と ”スキ” ができます。

 

それを突いて、天才セッターの影山もサイドではない月島にセットアップしますが、

 

f:id:akira-5:20190408143028j:plain

 

f:id:akira-5:20190408143053j:plain

 

f:id:akira-5:20190408143129j:plain

 

まさかのドシャット!!

 

しかも、ブロックも3枚揃えてくるという恐ろしいディフェンス力を誇ります。

 

この行動、音駒の脳である研磨とキャプテンでブロックの要である黒尾曰く、

 

f:id:akira-5:20190408143156j:plain

 

サイドにプレッシャーをかけつつ、それ以外の攻撃をあえて ”誘う” 作戦」でもあったというかなり戦略的なチームだと考えたみたいですね。

 

星海の圧倒的な攻撃力と、チーム全体としての圧倒的ディフェンス力。

全国レベルのチームは、本当に半端ないですね笑

 

この鴎台の本領が今週号最後の見所です!

 

終わりに

 

いやー、今回も激アツでしたね。

 

個人的に感じたのは「鴎台強すぎ」という感想だけでした。

 

ユースの星海がどこかしらに爆発するだろうなとは思っていましたが、オールマイティなだけでなく攻撃力がトップクラスだと改めて感じ、率直に「烏野やばい」という感じですね。

 

日向もそうですが、まず先に影山がこの状況を打開する活路を開きそうですね。

 

影山もユース合宿に参加していた選手なので、おそらくこの試合でも爆発すると思います。(というか、影山好きなので無双して欲しいです笑)

 

ちなみに今週号ではユース合宿に参加した選手の活躍や「デディケートシフト」が出てきましたが、この辺りは以前の話を振り返っておくと、より今週号を楽しめると感じました。

 

以前の話を振り返るには、「マンガを読み返す」か「アニメで見直す」しか手段はないかと思いますが、その両方を実質無料で可能にするサービスがあります。

 

そのサービスとは、『U-NEXT』というサービスです。簡単にサービスの特徴をお伝えすると、

  


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

↑ こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は31日間の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです。

 

ぜひ無料期間を賢く利用して、『ハイキュー!!』を最大限に堪能してください!

 

今回で改めて「全国1のブロックを誇るチーム」の意味合いが分かりましたね。

 

影山にスパイカーたちの道を切り開いて欲しいところではありますが、個人的には「VS鉄壁再び」感があるので、旭さんに期待ですね。

 

鴎台の3枚ブロックをぶち抜いて、全国5本の指とかに入れば嬉しいですね。

 

その辺りも含めて、来週号も期待して待ちたいと思います。

 

以上、あきらでした。