Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【徹底比較!】『auブックパス』と『コミなび』ではどちらがお得か?【比較表付き】

f:id:akira-5:20190130121217j:plain

 

おはようございます。電子書籍でマンガや雑誌を読むことが日常になりつつある、あきらです。

 

今はまだ大きく注目されていないかもしれませんが、個人的に数年後は電子書籍で本を読むのが一般的になるのかなーと思う今日この頃です。

 

そんな中、個人的にこれから電子書籍サービスを利用したいと考える方におすすめしたいサービスが『auブックパス』と『コミなび』です。

 

僕も電子書籍でマンガや雑誌を読みたいから、『auブックパス』と『コミなび』のどちらかを使ってみたいと思っているんだけど、それぞれのサービスの特徴に詳しくないから、まだどちらにも手を出せていないんだよね・・・。

 

どんなサービスなのかがわからないと、なかなかはじめの一歩が踏み出しづらいよね。だから今回は、人気サービスの『auブックパス』と『コミなび』の特徴を、表なども使ってわかりやすく伝えていくね!

 

 目次

 

auブックパス』とは?

 

まず、そもそも『auブックパス』とはどのようなサービスなのかという概要の部分からお伝えしたいと思います。

 


auブックパス』の概要


KDDIが運営している大手サービス。


2012年から始まっている歴史あるサービス。


マンガや一般書籍・雑誌が読み放題な電子書籍サービス。


最新作品も多数配信している。


 

これらが大まかな『auブックパス』の概要です。

 

大手会社のKDDIが運営しているサービスなので、ワンクリック詐欺などの危険性なく利用できる、安全で優秀なサービスだと言えます。

 

《 auブックパスの無料体験はこちらから 》

 

『コミなび』とは?

 

次に、『コミなび』の概要をお伝えしていきたいと思います。

 


『コミなび』の概要


株式会社メディアドゥという上場もしている大手会社が運営しているサービス。


2006年から始まっている、10年以上の歴史あるサービス。


利用ユーザー数が100万人を超えている人気の高いサービス。


最新作も多く配信している電子書籍サービス。


 

これらが『コミなび』の大まかな概要です。

 

こちらも大手会社が長い期間運営している歴史あるサービスなので、実績からウィルス感染などの危険性がない安全なサービスなのだと言えます。

 

《 コミなびの無料体験はこちらから 》

 

2つのサービスを徹底比較!

 

ここまでで、『auブックパス』と『コミなび』の大まかな概要が掴めたかと思いますので、ここからは本題の比較に入っていきたいと思います。

 

今回は、両方のサービスの特徴にどんな違いがあるのか一目見てわかるように、比較表を使ってお伝えしていきます。

 

2つのサービスの比較表

 

サービス名 auブックパス コミなび
月額料金 562円(税抜き) 300円〜(税抜き)
読み放題書籍数 4万以上 1,400以上
配信作品数 40万以上 8万以上
オフラインの可否 可能 可能
レビュー機能 あり なし
無料期間 30日間 なし
独自の強み 一般書籍や雑誌も読める 漫画のジャンルに特化している

 

↑ こちらの表を参考にしていただければ、それぞれのサービスの特色がわかりやすいかと思います。

 

auブックパス』はマンガだけでなく一般書籍や雑誌も読み放題の対象になっており、トータルの配信作品数は40万を超えているのが強みと言えます。

 

より詳しい特徴については、【人気の本が読み放題】『auブックパス』の特徴・始め方・解約法まで完全解剖 こちらの記事を参考にしていただければと思います。

 

対して『コミなび』は、完全にコミックに特化した電子書籍サービスでして、最新作から不朽の名作まで、数多くのマンガを取り扱っているのが圧倒的な強みです。

 

より詳しい『コミなび』の特徴は、漫画が読める人気サービス『コミなび』の特徴やデメリット〜解約方法まで紹介【画像付き】こちらの記事を参考にしていただければと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、人気の電子書籍サービスである『auブックパス』と『コミなび』を徹底的に比較しました。

 

どちらにも一長一短あるので、一概に「こっちのサービスの方が優秀!」とは言えませんが、個人的に思う両サービスをおすすめするユーザーは、

 


・ マンガだけでなく、雑誌や一般書籍も楽しみたいという方には『auブックパス』がおすすめです。


・ 過去の有名作品から今流行っている人気作品まで、とにかく”マンガを楽しみたい!” という方には『コミなび』がおすすめです。

 

↑ これらが個人的に思う『auブックパス』と『コミなび』をおすすめするユーザー様方です。 

 

どちらのサービスにも共通していることは、無料で利用できる期間があることと、無料の期間に解約すれば料金は1円もかからないという点です。

 

なので、まずは「習うより慣れろ」の精神で無料期間を賢く利用して、自分に合っているサービスを利用するのが1番の方法かと感じます。

 

そして、自分に合っていると感じるサービスを利用して、毎日の生活をより充実したものにしてください。

 

《 auブックパスの無料体験はこちらから 》

 

《 コミなびの無料体験はこちらから 》

 

以上、あきらでした!