Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】木兎の過去と桐生の進化!ハイキュー!!335話【感想】

f:id:akira-5:20190128115415j:plain

 

おはようございます。スポーツを見るのが大好きなあきらです。

 

今週も僕の愛読している週刊誌の「週刊少年ジャンプ」を購入しました!

 

なので、毎週恒例の人気マンガ「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに、「先週号を見逃した!」「しばらく読めてなくて、展開がわからない。」「最新話の前に前回の話を振り返りたい!」という方は、

 

www.akira-5.work

 

↑ こちらが先週の「ハイキュー!!」のレビュー記事です。

 

ちなみに先週号は、赤葦の完全復活の様子がわかる回であり、加えて全国5本の指に入ると言われる木兎の圧倒的な主役感を感じる回でもありました。

 

会場すべてを味方につける木兎の「エースの才能」と、それに乗っかるように全国3本指のエース・桐生が仲間の大切さに気づきつつもバレーにハマっていく様子がわかる、梟谷 VS 狢坂の試合をより楽しめる話ですので、ぜひ参考にしてください!

 目次

 

今週号の見所

 

今週号は、梟谷 VS 狢坂の試合がクライマックスに差し掛かるとても内容の濃いお話でした。

 

先週、スーパープレイの連続で会場全体を味方につけた木兎の過去が明かされる回でもあり、また、3大エースと呼ばれる桐生が「バレーにハマる瞬間」がわかる回でもありました。

 

今週号の見所は3つあったと感じたので、早速紹介していきます!

 

① 木兎の過去

まず1つ目ですね!

 

今では「全国で5本の指に入る大エース」と呼ばれ、仲間からも信頼を得ている木兎ですが、中学校時代からそのカリスマ(?)があったかというと、必ずしもそうだった訳ではなく、

 

木兎の「本気すぎる姿勢」についていけない部員も多く、全員が一丸となっているチームではなかったようです。

 

「本気すぎて」というのは「バレーボールが好きすぎて」に近いものだと個人的には感じているのですが、似た理由で天才セッターの影山も中学時代は仲間からいい印象を持たれていなかったですね・・。

 

木兎と影山が同じという訳ではないですが、「とことん夢中になれるやつ」と「そうじゃないやつ」で温度差があったことがわかります。

 

しかし、持ち前のポジティブさも込みでですが、木兎が練習に全力で打ち込む理由はとてもシンプルなもので、

  

「楽じゃなく楽しいを考えること」という幼少期に教わった言葉がすべての原動力のようです。

 

試合中にバテるのは楽しくないから体力作りを全力でやる。

 

試合でクロスへのスパイクをブロックされ続けるのが楽しくないからストレート打ちを練習する。

 

試合でレシーブをしくじるのは楽しくないから基礎練習もしっかりこなす。

 

これらを積み重ねた結果が「全国で5本の指に入る大エース」というわけですね!

 

「楽しくするためにはどうするか?」という思考と、木兎について来てくれる梟谷の仲間たちが木兎の原動力になっているみたいですね!

 

この木兎の過去が1つ目の見所です。

 

② エース・木兎!

2つ目です!

 

木兎の過去がわかったことと並行して試合は進んでいきます。

 

梟谷の絶対的なエース・木兎。もちろん木兎のスパイクは狢坂もかなり警戒しており、スパイクモーションに木兎が入ると、

  

ブロックの達人とも言える音駒高校キャプテンの黒尾ですら「これは捕まる」と感じるほどの完璧なブロックをする狢坂。

 

しかし、

  

赤葦直伝の「リバウンド」を使い、この「ほぼ確実に捕まる状況」を脱した木兎。

 

窮地を切り抜けた木兎のプレイを見た黒尾の表情が面白いですね笑

 

そして、

 

もう1度、次は完璧な形でスパイクモーションに入る木兎。

 

コート内で試合をしている選手だけでなく、ベンチで見守るマネージャーですら「この1撃は決まる」と感じるほどのシチュエーション。

 

合宿での木兎のセリフが思い出されますね。

 

完璧なタイミング、完璧なトス、完璧なスパイクの体制。強烈なスパイクが来ると誰もが思った時。何より、自分が強烈な1発が打てると思った瞬間が好機。

 

あざ笑うように・・・

 

  

カマせ!!

 

という、合宿の時に日向に「必殺技」と教えたフェイント攻撃を、全国大会のベスト4を決めるというこの局面で華麗に決めてみせます!

 

”ただのエース” となった木兎。とどまるところを知らない大活躍っぷりですね!

 

この木兎の圧倒的なエースの活躍が、2つ目の見所です!

 

③ 桐生の変化

3つ目です!

 

他の全国トップスパイカーと比べるとやや消極的(ネガティブ?)な傾向が見られた、ある種とても人間くさいスパイカーの桐生。

 

それでも、どんなボールでも絶対に打ち込むエースになるべくして練習をした結果、ついた異名が ”悪球打ちの桐生” という通り名ですね。 

 

そんな桐生も、対照的なプレイヤーである木兎と戦う中で気持ちに変化が生まれていまして、

  

絶好調のエース・木兎のキレキレなサーブをなんとかつなげる狢坂。誰もが「梟谷のチャンスボールになる」と思われた返球すらも、

  

”悪球打ち” という通り名が示すように、迷わずスパイクモーションに入る桐生。 

 

しかし、スパイクに入る桐生が考えているものは、試合序盤の思いとは少し違うものでして、

  

バレーボールをすることで精一杯” と、ウシワカや木兎と近い感情で、試合(バレーボール)を楽しんでいる様子ですね! 

 

この表情からも、桐生が試合に対してのスタンスが変わりつつあるのだと感じました。

 

そして、そのきっかけはチームメンバーからの信頼でもあり、敵味方関係なく士気を高める木兎と戦っているからこその感情なのだと感じました。

  

そして、渾身のスパイクを放ちます!

 

この、桐生のバレーボールに対しての感情の変化が、今週号最後の見所です! 

 

終わりに

 

いかがでしたか?

 

ファイナルセットに差し掛かり、梟谷と狢坂の試合も凄まじい盛り上がりを見せていますね!

 

もう25点マッチで20点前後での点の取り合いになっているので、終盤も終盤ですね。

 

”ただのエース” となった木兎が勝つのか、木兎たちのように、ネガティブ思考が消えて純粋にバレーボールを楽しんでいる桐生が勝つのか。

 

今後どのような展開になるのか楽しみですね。

 

ちなみに、今回「リバウンド」や「フェイント」を使って実力を見せた木兎ですが、これは以前に合宿の際に日向に教えたものですね。

 

ハイキューファンの僕としては、「ここでそれを使うか!」と、前回のエピソードを知っていると尚この試合を楽しめると感じました。 

 

以前の話を振り返るには「漫画で読み直す」か「アニメを見直す」のどちらかをする必要がありますが、「U-NEXT」というサービスを利用すればその両方を実質無料で実現できます。

 

簡単にU-NEXTの特徴をまとめると、

 


「U-NEXT」の特徴 】


ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


・ ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 
 
などの特徴があり、実質無料で「ハイキュー!!」を漫画でもアニメでも振り返ることができるので、とてもおすすめです!
 
 
U-NEXTの詳しい概要は、【最新作も見放題!】動画配信サービスU-NEXTの特徴〜解約方法まで画像付きで紹介!こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。
 
 
また、無料でマンガを読むことに関しては、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

 

U-NEXT

 

こちらのリンクからも1ヶ月の無料おためしができます!

 

重ねてですが、「U-NEXT」は1ヶ月の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです!

 

ぜひ無料期間を賢く利用して、『ハイキュー!!』を最大限に堪能してください!

 

さて、梟谷 VS 狢坂による4位決定戦もフィナーレが近づいてきましたね。

 

かなり個人的には、このまま木兎に勝ってほしいところではあるのですが、桐生もこの試合を通じて覚醒している感があるので、今後の展開に目が離せないですね。

 

自分なりに試合展開を予想しつつ、また来週のハイキューを楽しみにしたいと思います。

 

以上、あきらでした!