Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【徹底比較!】『ebook japan』と『コミなび』はどちらがお得か?

f:id:akira-5:20181218000741j:plain 

おはようございます。電子書籍でマンガを読むのが大好きなあきらです。

 

最近では様々な電子書籍サービスがありますが、個人的に愛用していて便利だと感じているのが『ebook japan』と『コミなび』です! 

 

僕も電子書籍サービスに興味があって『ebook japan』や『コミなび』を使ってみたいと思っているけど、どんな違いがあって、どっちがお得なのかわからないから、まだ手を出せてないんだよね・・・。

 

サービスのメリットや特徴がわからないと、はじめの一歩を踏み出しづらいよね。だから今回は、『ebook japan』と『コミなび』のそれぞれの特徴とどっちがお得なのかを、表も使ってわかりやすく伝えていくね!

 

 目次

 

ebook japan』とは?

 

比較の前に、まずは『ebook japan』をどういった会社が運営しているかなどの概要を簡単にお伝えしていきます。

 


【 ebook japan』の概要 】


・ ebook japan』は、”株式会社イーブックイニシアティブジャパン” という上場もしている大きな会社が運営している。


・ コミックなどを中心とした電子書籍を販売/配信している。


・ 会員数が160万人を突破している、電子書籍の品揃えが世界最大級の大手サービス。


・ 2000年から始まっているサービスで、18年以上続いている電子書籍販売の老舗的なサービスでもある。


 

上場している会社が18年以上運営しており、160万人以上の会員数を誇っているので、実績ベースで安全なサービスだと言えます。

 

ウィルス感染などの危険性がなく、無料でも漫画を楽しむことができる非常に優秀なサービスと言えます。

  

《 ebook japanの公式サイトはこちらから 》 

 

『コミなび』とは?

 

次に、『コミなび』の概要を簡単に伝えていきます。 

 


【 『コミなび』の概要 】


株式会社メディアドゥという東証1部上場している大手会社が運営している。


2006年11月からスタートした10年以上続いている電子書籍サービス。


・ 100万人以上の会員数を誇っている。


・ 無料で配信されているマンガも多い。



 

 これらが『コミなび』の大まかな概要です。

 

上場している大手会社が運営しているサービスで、10年以上続いており会員数も100万人を突破している電子書籍サービスです。

 

こちらもワンクリック詐欺などの危険性が無く安全に利用できることが実績ベースでわかる優秀なサービスと言えます。

 

《 コミなびの公式サイトはこちらから 》

 

両サービスを徹底比較!

 

2つのサービスの概要がわかったところで、ここからは本題の比較に入りたいと思います。

 

ebook japan』と『コミなび』の違いをわかりやすくするために、2つのサービスの特徴をまとめた表を作ってみました!

 

両サービスの比較表

 

サービス名 ebook japan コミなび
月額料金 120円〜 300円〜
配信書籍数 60万冊以上 8万冊以上
オフラインの可否 可能 可能
レビュー機能の有無 あり なし
無料マンガの有無 1万冊以上 1,400冊以上
独自の強み 特集やキャンペーンが充実している マンガ特化で品揃えが充実している

 

↑ こちらの表を見ていただければ、両サービスの特徴の違いがわかりやすいかと思います。

 

ebook japan』は様々なジャンルの書籍を扱っていますが、一番チカラを入れているのはやはり漫画のようで、毎週様々なお得なキャンペーンや特集をしているのが特徴です。

 

より詳しい『ebook japan』のメリットなどは、【評価・評判】ebook japan(イーブックジャパン)の特徴や使い方まとめ こちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

対して『コミなび』は、完全にマンガに特化した電子書籍サービスで、漫画だけを目当てに考えれば、実質書籍の総数は全く引けを取らないほど数々の漫画を網羅しています。

 

より詳しい『コミなび』のメリットなどは 漫画が読める人気サービス『コミなび』の特徴やデメリット〜解約方法まで紹介【画像付き】こちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

 

今回は人気な電子書籍の販売サービスでもある『ebook japan』と『コミなび』を比較してみました。

 

どちらも一長一短ありますが、個人的におすすめなのは取り扱い数は多くはないですが、マンガ以外のジャンルの書籍も扱っている『ebook japan』です。

 

両方のサービスを利用した僕が思う、両サービスのおすすめユーザーは、

 



様々な特集やキャンペーンでお得に読書がしたい方は『ebook japan』がおすすめです。


 一般書籍などは必要なく、「マンガだけをお得に読みたい!」という方は『コミなび』がおすすめです。


  

ただ、どちらのサービスにも共通していることとして、登録自体は無料でもできることに加えて無料でマンガを読むことができます。

 

なので、まずは気になるサービスを無料体験してみて、自分にあっているサービスを利用することがおすすめです!

 

そして、ebook japan』や『コミなび』を利用して、毎日の生活をより充実させてください!

 

《 ebook japanの公式サイトはこちらから 》

 

《 コミなびの公式サイトはこちらから 》

 

以上、あきらでした!