Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】戦友との試合後!ハイキュー!! 325話【感想】

f:id:akira-5:20181105144633j:plain

 

おはようございます、スポーツ漫画が大好きなあきらです。

 

今週も、僕が大好きな週刊誌である「週刊少年ジャンプ」を購入しました。

 

なので、毎週恒例の人気マンガ「ハイキュー!!」の最新話レビューをしていきたいと思います。

 

ちなみに、「選手号を見逃してしまった」「ここ何話か読めてなかったから、展開がわからない」「最新話を読む前に、先週の話を振り返りたい!」という方は、 

 

www.akira-5.work

 

こちらが先週号の内容を書いた記事になります。 

 

ちなみに、先週号は全国大会での【 ごみ捨て場の決戦 】のクライマックス回でした!

 

「最後の1点」を勝ち取るために全力で激しいラリーを続ける両校と、何より試合後の研磨の感想がとても印象的でした。

 

お互いが最高の「ライバル」であり「」でもあった烏野と音駒の最後の競り合いが本当に熱い回でした。

 

今週号を読む上でこの話を読んでおくと更に面白さが増しますので、ぜひ参考にしてください。 

 

 目次

 

今週号の見所

 

今週号は【ゴミ捨て場の決戦】が終わった後の、チームの枠を超えてお互いを讃え合う姿が何よりの見所です!

 

また、全国大会にかける音駒部員たちの想いや猫又監督への感謝など、とても感動できる内容でした。

 

今週号は4つ見所があったと感じたので、早速一つ一つ紹介していきたいと思います。

 

センターカラー

 

まずはこちらですね。

今週号はハイキューがセンターカラーを飾っています!

 

気になるそのカラー絵とは、

 

f:id:akira-5:20181105150526j:plain

 

学生時代の烏養前監督と、そのライバルだった猫又監督ですね!

 

ゴミ捨て場の決戦を誰よりも楽しみにしていた2人でもあるので、烏野 VS 音駒の決着がついた今週号にぴったりなカラー絵ですね!

 

このセンターカラー絵が最初の見所です!

 

試合終了

 

2つ目ですね。

白熱の試合を終えた両校。

 

f:id:akira-5:20181105151025j:plain

 

試合が終わった後も、お互いを讃える気持ちに何も変わりはなく、

 

f:id:akira-5:20181105151142j:plain

 

f:id:akira-5:20181105151209j:plain

 

f:id:akira-5:20181105151301j:plain

 

f:id:akira-5:20181105151233j:plain

 

f:id:akira-5:20181105151340j:plain

 

f:id:akira-5:20181105151412j:plain

 

キャプテン同士だけでなく、月島と黒尾・西谷と夜久さん・田中とトラなど、認め合い競い合ったライバルでもあるそれぞれがお互い讃え合います。

 

悔しがる音駒メンバーを支える黒尾をはじめとした3年生たちの先輩らしい姿がかっこいいですね。

 

また、個人的には烏野の3年生たちの後ろ姿もグッとくるものがあり、とてもかっこいいです。

 

この試合後の両チームの動きが2つ目の見所です。

 

念願の決戦

 

3つ目です。

 

選手たちがお互いを讃え合っている中、監督たちもこの念願の試合が実現したことに喜び、監督同士も讃え合います。

 

そして、烏養監督と猫又監督が握手をする時、

 

f:id:akira-5:20181105152305j:plain

 

f:id:akira-5:20181105152421j:plain

 

f:id:akira-5:20181105152454j:plain

 

f:id:akira-5:20181105152518j:plain

 

f:id:akira-5:20181105152538j:plain

 

f:id:akira-5:20181105152558j:plain

 

実際に握手しているのは現烏養監督と猫又監督ですが、2人が見ているのはテレビ越しに見ている烏養前監督と握手をしているビジョンなのだと感じました。

 

何十年も待って待って待ち続けた【ゴミ捨て場の決戦】に決着がついたことに、とても満足感を得ている両監督。

 

この、監督たちの姿が3つ目の見所です。

 

試合後の音駒

 

4つ目です。

試合が終わり、監督から言葉をもらいに集まる音駒メンバー。敗戦した猫又監督が伝えた言葉は、

 

f:id:akira-5:20181105145042j:plain

 

f:id:akira-5:20181105145117j:plain

 

「ありがとう」という言葉。

 

ここまで一緒に頑張ってくれて」という意味合いもあると思いますが、「ゴミ捨て場の決戦を実現させてくれた」事への感謝など、様々な想いを込めた一言。(と、僕は感じました。)

 

そして、

 

f:id:akira-5:20181105145137j:plain

 

その監督からの言葉に選手たちも答えます。

音駒の結束を感じるシーンですね!

 

また、研磨に対して日向が話しかける時も、

 

f:id:akira-5:20181105145202j:plain

 

f:id:akira-5:20181105145225j:plain

 

基本的に試合後は「別に」としか感じず、めんどくさがる研磨ですが、今回は笑顔で「やろう」と一言。

 

本当に日向とのバレーボールがゲームよりも楽しく感じたんだなと感じられる、個人的にはかなり熱いシーンです!

 

そして、高校最後の試合になった3年生たちも、

 

f:id:akira-5:20181105145247j:plain

 

f:id:akira-5:20181105145307j:plain

 

涙を流し、悔しい気持ちがありながらも、最後は充実した気持ちで終われた模様ですね。

 

音駒3年生のこの絵が個人的にはかなり好きすぎてやばいです・・!

敗戦した相手が烏野だったからこその、この雰囲気なのかもしれませんね!

 

この、試合後の音駒選手たちが今週号最後の見所です!

 

終わりに

 

いかがでしたか? 

 

烏野と音駒は烏養前監督と猫又監督が現役選手だった頃からの因縁の対決でもあったので、終始白熱した試合でしたね。

 

最後、メンバー全員が絡むところも、田中とトラのライバルがお互いを認めあっていたり、黒尾が弟子の月島に絡んでいたり、菅さんも夜久さんと絡んでいたりと、お互いが共に練習し、そこで出来た絆があってこそのシーンなので、セリフがなくても感動してしまいますね。。!

 

ここまで親睦が深いのも、因縁があるのと、一緒に合宿や練習試合をしたからこそなので、その部分を振り返っておくと今週号は本当に涙が出るレベルで感動します。

 

ちなみに、以前の話を振り返るには「漫画で読みなおす」か「アニメを見返す」のどちらかの方法しかないわけですが、実はこれらが両方可能なサービスがありまして、それが「FODプレミアム」というサービスです。

 

どういったサービスなのか、簡単にお伝えすると、

 


「FODプレミアム」の簡単な特徴 】


ハイキュー!!』のマンガの好きな巻を読むことができる。


・ ハイキュー!!』のアニメが全話見放題。


1ヶ月間の無料おためし期間がある。


・ 無料期間中に解約すればお金は一切かからない。


 

内容は大まかにこういったものです。

 

さらに詳細な「FODプレミアム」の機能については、【メリット・デメリット】FODプレミアムとはどんなサービスか?【完全解剖】こちらの記事を参考にしていただければと思います。

 

また、マンガ版のハイキューの好きな巻を無料で読むのは、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください!

 

FODプレミアム

 

こちらからも無料体験ができます。

 

個人的に、FODプレミアムは「ハイキューを楽しむために作られたサービス」と言っても過言ではないと思っています。

 

1ヶ月の無料期間を賢く利用して、ハイキューを思う存分に楽しんでください!

 

いやーー。それにしても、ついに【ゴミ捨て場の決戦】の決着がつきましたね。

 

音駒はここで敗退したわけですが、合宿参加メンバー全員の頑張りが終わったわけではなく、

 

f:id:akira-5:20181105145401j:plain

 

こちらも全国5本の指に入る大エース、木兎率いる梟谷の試合が白熱しているようですね!

 

前日に死亡フラグらしきセリフを話していた木兎ですが、その試合相手と現在の試合の状況がとても気になりますね!

 

木兎の活躍を楽しみにしつつ、また来週号の発売を待とうと思います!

 

以上、あきらでした!