Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】師弟対決再び!ハイキュー!! 320話【感想】

 

おはようございます!スポーツ漫画がとても大好きな、あきらです!

 

今週も、愛読書の週刊誌である「週刊少年ジャンプ」を購入しましたので、恒例の人気マンガ『ハイキュー!!』のレビューをしたいと思います!

 

ちなみに、今週は個人的にかなりアツい展開でしたので、『ごみ捨て場の決戦』を楽しむ上で必見回です!

 

ちなみに、「先週号を読み損ねた!」「最近の展開を把握できていない・・。」「最新話の前に、前回の話を振り返っておきたい!」という方は、

 

www.akira-5.work

 

こちらが先週号の記事になります!

 

ちなみに先週の話は西谷 VS 夜久の「天才リベロ対決」が見所の、ラリー戦がとてもアツい回でもありました!

 

改めてリベロの見せ場である「ボールを落とさず繋ぐこと」の重要性を再確認できる話でしたので、西谷・夜久さんファンは特に必見回です!

 

今週号を楽しむ前に、ぜひ一読してみてください!

 

 目次

 

今週号の見所

 

今週号の見所は、何と言っても月島 VS 黒尾の師弟によるブロック対決ですね!

 

第1セットで行われた師弟対決再びといった形ですが、確実にクオリティが高く、より回想も含めて感慨深いものになっています!

 

加えて、リエーフの覚醒も近づきつつあるのがわかる回でしたので、【ごみ捨て場の決戦】の対決をよりおもしろくする回でした!

 

今週は見所が3つあったように感じたので、早速紹介していきたいと思います!

 

①「月島 VS 黒尾」再び

 

まずは1つ目ですね!

 

今回の話では、第1セットにもあった月島 VS 黒尾の師弟対決が再び行われます!

 

f:id:akira-5:20181001134227j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134434j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134459j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134521j:plain

 

月島がブロックで魅せれば、師匠の黒尾も負けじと全国レベルのブロックで簡単に通さない。そして、負けじとまた月島が最高のリードブロックをする。

 

圧倒的にレベルの高いブロック戦を繰り広げます!

そして、

 

f:id:akira-5:20181001134543j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134608j:plain

 

最終的にはネット際での競り合いで黒尾が勝ち越すという結果に。

しかし、「師弟関係」として受け継がれているのは何も「ブロック力」だけでなく、

 

f:id:akira-5:20181001134631j:plain

 

負けず嫌いで、なかなか自分の弱みも見せず、地味な嫌味を言うところもだいぶ似ていますね笑

 

同じ合宿で共に競い合ったからこその、いい意味での師弟兼、バチバチのライバル関係ですね!

 

この2人のレベルの高いブロック戦が1つ目の見所です!

 

②師匠の責任

 

2つ目ですね!

 

激しいラリー戦が行われていますが、それを支えているのは圧倒的に両チームのブロックの要である、月島・黒尾の活躍です!

 

f:id:akira-5:20181001134706j:plain

 

ひたすらにレベルの高いブロック戦を続ける月島と黒尾。

 

そもそも、月島がブロックのレベルをここまで上げれた要因の1つは、間違いなく師匠・黒尾の指導のおかげです。

 

しかし、合同合宿でも1〜2番目にレベルの高い黒尾ですが、実は周りには見せなかった、少し不安に思っていたこともあったようで、

 

f:id:akira-5:20181001134731j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134803j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134833j:plain

 

f:id:akira-5:20181001134856j:plain

 

優勝候補校だった「ウシワカ」率いる白鳥沢と「宮ツインズ」率いる稲荷崎を烏野が倒し、その勝利には教え子である月島のブロックがあってこそのもの。

 

そして今回、黒尾自身が月島とマッチアップしたことで、「自分が教えていたこと」が間違いではなかったと確信した黒尾。

 

いやーー。黒尾がこんなことを気にしていたとは、誰も予想していなかったですね。

 

改めて、黒尾の器の大きさやキャプテンとしての資質、そして何より「優秀な技術を指導してくれる先輩」であることが発覚した、素晴らしい回ですね!

 

この黒尾の心うちが、2つ目の見所です!

 

③2つの師弟関係

 

3つ目です!

 

月島が黒尾の弟子であることに代わりはありませんが、黒尾(というより、音駒)の弟子は月島だけではなく、この男もです。

 

f:id:akira-5:20181001135020j:plain

 

f:id:akira-5:20181001135041j:plain

 

そう、リエーフですね!!

 

音駒のエースになる!」と豪語していたリエーフですが、改めて黒尾の「最後に咲うのはリードブロックだ」という言葉を思い出し、防御面での活躍を見せます!

 

それも含めて、

 

f:id:akira-5:20181001135115j:plain

 

f:id:akira-5:20181001135140j:plain

 

f:id:akira-5:20181001135202j:plain

 

ネット際以外のトータル力では黒尾に勝てない」と感じる月島。

しかし、それでも負けず嫌いな性格と、黒尾への恩(リスペクト)にまったく変わりはなく、

 

f:id:akira-5:20181001135231j:plain

 

f:id:akira-5:20181001135256j:plain

 

f:id:akira-5:20181001135319j:plain

 

f:id:akira-5:20181001135404j:plain

 

この満面の笑み!!

 

月島が、この満面の笑みです!!

もう確実にバレーボールにハマっていますね、月島。

 

そして、リエーフもエースとしてだけではなく、「守りの音駒」の一員としての成長を見せました。

 

この、2人の弟子による新たな成長模様が、今週号最後の見所です!

 

終わりに

 

いかがでしたか?

 

今回は、圧倒的な月島・黒尾(時々リエーフ)の師弟関係回でしたね!

 

第2セットは日向・影山と研磨が目立っていた印象でしたが、しかし、この第3セットは改めてチーム全体にフォーカスされていると感じます!

 

ファイナルセットになってさらに白熱しているラリー戦ですが、西谷、月島などが改めて活躍しているところを見ると、ラストは烏野 VS 音駒の総力戦になると感じます!

 

そして、過去戦を知っているとなおさらですが、今までのVS音駒を考えると、1番白熱している試合だと感じます!

 

以前の試合風景や、合同合宿での黒尾と月島の練習風景などを振り返っていると、なおこの【ごみ捨て場の決戦】を楽しむことができます! 

 

烏野と音駒の昔の試合や合宿風景は、漫画かアニメで振り返るのがとてもおすすめですが、どちらでも振り返る方法があります。

 

それが、「FODプレミアム」を利用することです!

 

「FODプレミアム」ってそもそも何?と感じる方も多いと思いますので、簡単に特徴をまとめてお伝えしたいと思います。

 


FODプレミアムの簡単な特徴


ハイキュー!!』の漫画が読み放題。

ハイキュー!!』のアニメが見放題。

1ヶ月間の無料おためし期間がある。

無料期間中に解約すれば、料金は1円も発生しない。


 

というのが「FODプレミアム」の簡単な特徴です!

 

「FODプレミアム」に関しては、【メリット・デメリット】FODプレミアムとはどんなサービスか?【完全解剖】こちらの記事で詳しく解説しています!

 

そして、ハイキューの漫画とアニメを実質無料で見る方法は、違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法こちらの記事で詳しく解説しています!

 

FODプレミアム

 

こちらのリンクからも登録ができます!

 

重ねてですが、「FODプレミアム」を利用すれば『ハイキュー!!』の漫画もアニメも1ヶ月間無料で見ることができ、そして無料期間で解約すれば料金は一切かかりません! 

 

ハイキュー!!』を楽しむ上で必須のサービスと言っても過言ではないので、ぜひ利用して『ハイキュー!!』をより堪能してください!

 

さて、月島の大活躍と黒尾との因縁もあり、【ごみ捨て場の決戦】がさらに面白くなっていますね!

 

ここまでくると、次は大地さんや旭さんにもスポットが当たるのでしょうか?それか、ピンチセッターの菅さんの登場ですかね。

 

とにかく、これからの展開がとにかく楽しみですね!

また来週も楽しみに待ちたいと思います!

 

以上、あきらでした!