Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】日向覚醒!『ハイキュー!!』316話【感想】

 

おはようございます!スポーツ漫画が大好きな、あきらです!

 

今週も、僕が大好きで毎週買っている「週刊少年ジャンプ」を購入しました!

 

なので、個人的に現在のジャンプで一番アツイと感じている漫画、『ハイキュー!!』の最新話をレビューしたいと思います!

 

ちなみに、「先週号を見逃した!」「しばらく読めなかったから、展開がよくわからない」「最新話の前に、前回の話を振り返りたい!」という方は、

 

www.akira-5.work

 

こちらが先週号の内容になります!

 

ちなみに先週は、影山からの期待に日向が完璧に応えて見せた、烏野1年生コンビの強さを再確認する回でした!

 

そして、そんなノッてきた日向を止めるために、音駒も犬岡を入れてくるなどの新しい展開もあり、とにかくアツイ回でしたので、日向・影山ファンは必見です!

 

 

目次 

 

今週号の見所

 

今週号の見所は、何と言っても日向の初期ライバルの一人であった犬岡の頑張りですね。

 

パワーアップした日向の攻撃力を少しでも削ぐ目的での交代だと思いますが、犬岡のプライドみたいなものも見れて、とてもかっこいいです!

 

あとは何と言っても日向の覚醒ですね!

小さな巨人」に本当に近づきつつある日向が、今週号の見所だと感じました!

 

僕が思うに、今週は4つ見所があるように感じましたので、早速1つずつ紹介していきたいと思います! 

 

①センターカラー

 

まずはこれですね!

今週号では、ハイキューがセンターカラーを飾っています!どんなカラー絵かというと、

 

f:id:akira-5:20180903143416j:plain

 

みんなでスイカを食べている、なんとも日常的な風景ですね!

すごくいい笑顔でスイカを食べている日向がかわいいですね笑

 

あと、研磨は種が苦手なのでしょうか?笑 スイカ相手に渋い顔をしている研磨も個人的にはおもしろかわいいなと感じました。 

 

この、センターカラーが最初の見所です!

 

②犬岡の活躍

 

2つ目ですね!

 

最初の練習練習で日向・影山の変人速攻と真正面から戦っていた犬岡。今回、日向の新攻撃の「オープン」が加わったことで、防御力アップに抜擢されます。

 

f:id:akira-5:20180903145315j:plain

 

日向にとっては、一番最初に音駒でできたライバル的存在なので、久しぶりにコート上で再開したことが少し嬉しそうですね!

 

そして、いざプレー再開です。

天才・影山の完璧なセットアップから、速攻で攻撃を仕掛ける烏野1年生コンビ。

 

f:id:akira-5:20180903145340j:plain

 

f:id:akira-5:20180903145647j:plain

 

リエーフの素早い反応に少し驚く影山ですが、空中で打ち込む方向を変えたりフェイントをかけれたりする今の日向にとっては、かわせない壁ではない。

 

と、思ったその時、

 

f:id:akira-5:20180903145925j:plain

 

f:id:akira-5:20180903145948j:plain

 

交代早々、いきなり仕事を果たす犬岡!!

日向の自由にはなかなかさせてくれそうにないですね!

 

犬岡が入ったことで、試合がさらに白熱していきます!これが、2つ目の見所です!

 

③「鬼」と化す日向

 

3つ目ですね!

 

犬岡に速攻をブロックされたものの、まだボールは生きている状態でラリーが続きます。

 

そして、一度速攻を破られた日向。以前の日向なら、この時点で「武器」の多くを失うのですが、今の日向にはもう1つの武器があります。

 

それが、

 

f:id:akira-5:20180903150847j:plain

 

最近手に入れたばかりの「センターによる ”速さ” ではない ”高さ” 攻撃」ですね!

 

新しいおもちゃを見つけたように、復活した日向を使う烏野チームメンバー

 

f:id:akira-5:20180903151208j:plain

 

しかし、そんな烏野の思考を読んでか、「オープンの際、日向は長く空中にいるからタイミングに気をつけてね」と、またも日向潰しのアドバイスをしていた研磨。

 

ブロックのタイミングは完璧。普通に打てばブロックに捕まり、ドシャットを食らう場面ですが、

 

f:id:akira-5:20180903151235j:plain

 

f:id:akira-5:20180903151255j:plain

 

f:id:akira-5:20180903151315j:plain

 

なんと日向、この状況で今度は「ブロックアウト」を狙って、無理やり得点をもぎ取りに行きます!

 

いやーー。強い。そして何よりかっこいい。

プレースタイルが「小さな巨人」に相当近くなっているように感じます。

 

この状況は、客観的に見てもかなりやばい(強い)状態のようで、

 

f:id:akira-5:20180903151933j:plain

 

以前、音駒の監督が言っていた「鬼と鬼」(日向と影山のコンビのこと)が、本当に実現され始めています。

 

試合の中でもどんどんと進化を続ける日向。主人公すぎてかっこいいですね!

この日向の活躍が、3つ目の見所です!

 

④犬岡の覚悟

 

最後ですね!

満を持して現れた犬岡でしたが、彼にもやはり様々な葛藤があったことが今週はっきりとします。

 

f:id:akira-5:20180903152258j:plain

 

f:id:akira-5:20180903152401j:plain

 

「ポジション変更」ということに関して、1度は嫌な気持ちを持ったものの、そのポジションの大切さを改めて実感し、本気でポジション転職をする犬岡。

 

そして、試合での相手は「キレキレのサーブ」を打てるようになった、烏野の隠れエース、田中。

 

f:id:akira-5:20180903152622j:plain

 

f:id:akira-5:20180903152643j:plain

 

f:id:akira-5:20180903152813j:plain

 

f:id:akira-5:20180903152847j:plain

 

かなり手ごたえのある田中のジャンプサーブでしたが、犬岡・リエーフの音駒1年生コンビが完璧に捉え、やり返します!

 

犬岡が以前にも増して本気でプレーをしているのには理由がありまして、それが、

 

f:id:akira-5:20180903153115j:plain

 

f:id:akira-5:20180903153135j:plain

 

日向というライバルの存在ですね!

 

いやーー。プライドのぶつかり合いというか、本当に白熱してきましたね!!

ライバルを意識し、勝つ為に切磋琢磨するというめちゃめちゃにアツイ展開です!!

 

この犬岡の信念や覚悟が、今週号最後の見所です!

 

終わりに

 

いかがでしたか?

 

犬岡が入ることで、さらに試合が盛り上がってきましたね!!

「オープン」が出た時は、第2セットは烏野かな?と安直に考えていましたが、本当に結果がどうなるかわからないないですね!

 

ちなみに、この【ごみ捨て場の決戦】は、以前に行われていた烏野と音駒の「練習試合や合宿風景」を振り返っておくと、さらに楽しむことができます!

 

そして、マンガとアニメのどちらでも見直す方法がありまして、それは『FODプレミアム』というサービスを利用することです!

 

簡単にどんなサービスかを説明すると、


【 FODプレミアムの特徴 

ハイキューのアニメが見放題。

ハイキューのマンガの最新刊なども読み放題。

1ヶ月間の無料期間がある。

無料期間中に解約すれば、料金は一切かからない。

 

などの特徴があり、実質無料でハイキュー!!をマンガでもアニメでも振り返ることができるので、とてもオススメです! 

 

FODプレミアムの概要は【メリット・デメリット】FODプレミアムとはどんなサービスか?【完全解剖】 こちらの記事を参考にしてください!

 

また、無料でマンガを読むことに関しては 違法サイトを使わずに『ハイキュー!!』の漫画最新刊とアニメを実質無料で読む方法 こちらを参考にして頂ければと思います!

 

FODプレミアム

 

↑こちらのリンクからも登録できます!

 

重ねてになりますが、「FODプレミアム」は1ヶ月の無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、『ハイキュー!!』を楽しむ上で利用しない手はないです!

 

ぜひ無料期間を賢く利用して、より『ハイキュー!!』を堪能してください!

 

さて、最高潮に盛り上がってきた第2セット。

 

普通なら「このまま烏野が取り切り、ファイナルセットへ」となりがちですが、そうはならないかもしれません。

 

理由としては、

 

f:id:akira-5:20180903154254j:plain

 

このタイミングでサーブの代打があるんですよね。おそらく、烏野で言うところの「山口」的なポジションだと思うのですが・・。

 

研磨がワクワクしている様子を見ると、きっと只者ではないのだろうなと感じるので、改めて今後の展開が楽しみです!

 

最新話を待ちつつ、また来週を楽しみにしたいと思います!

 

以上、あきらでした!