Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】メラ族復活!!キングダム 567話【感想】

 

こんにちは、マンガ大好きのインドア人間、あきらです!

 

今週も木曜日になりましたので、大好きなヤングジャンプを購入しました!

なので、今週も実写化も決まった大人気マンガ『キングダム』のレビューをしていきたいと思います!

現在は楊端和たちの戦場にスポットライトが当たっており、毎週とてもおもしろい展開が続いています。

 

もちろん今週も素晴らしい展開でしたので、しっかりお伝えしたいと思います!

 

ちなみに、「先週号を見逃した」「しばらく読んでないから展開がわからない」「今週号を見る前に、先週の話を振り返りたいという方は、

 

www.akira-5.work

 

↑こちらが先週の内容になります!

 

ちなみに先週は、圧倒的な楊端和回でした。本当に圧倒的に楊端和様でした。かっこよすぎました笑

 

趙の軍勢が楊端和を囲み、討ち取り体制を完璧に整え、絶体絶命の状況に。

 

しかし、その包囲網を現状のベストの選択肢で突破してみせるという、山民族を束ねる ”死王” の化け物っぷりを見せました。

 

個人的に、ここ最近の話の中で1番テンションが上がった回なので、ぜひ参考にしてください!

 

目次

 

今週号の見所

 

今週号は、族長カタリをなくして意気消沈してしまっていたメラ族が息を吹き返す、反撃の兆しのある回でしたね!

 

また、敵軍に追われている楊端和がどのような戦況になっているのか、そして逃げ切ることができるのか?という点も見所です。

 

今週号は、見所が3つあったように感じましたので、早速1つずつ紹介していきたいと思います!

 

新族長、キタリ

 

見所1つ目ですね!

 

メラ族全員が認める素晴らしいリーダーだったカタリ。そのカタリを失ったことで、全体が沈んでしまっているメラ族。

 

そんな中、カタリの妹であり右腕でもあったキタリがようやく目を覚まします!

 

キタリが目覚めるのを待っていた壁は、すぐさまキタリのもとへ向かいます。そして、

 

f:id:akira-5:20180726053926j:plain

 

キタリが次の族長になり、みんなを導くのだと説得します。

 

その言葉を聞き、キタリも以前カタリと ”族長の在り方” について話していたのを思い出します。

 

f:id:akira-5:20180726054033j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054111j:plain

 

カタリの言葉を思い出し、改めて族長の大切さとどう考えれば良いかを腑に落としたキタリ。

 

f:id:akira-5:20180726054137j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054209j:plain

 

壁とメラ族全体に再び活気を与えたキタリ。ここからメラ族軍の反撃が始まるのか!?

 

このキタリの族長就任によるメラ族の復活が、1つ目の見所です!

 

ブネン軍の動き

 

2つ目の見所です!

 

メラ族が改めて活気を取り戻し、ブネン軍を打倒しようと考えているまさにその時、一報が入ります。それは、

 

f:id:akira-5:20180726054250j:plain

 

なんと、メラ族を追撃していたブネン軍が消えたという驚きの報告が。

 

「打倒ブネン」を掲げていたメラ族軍にとっては敵を見失ったのはとても痛い状況です。

 

そんな中、ブネンは方向転換して隣の戦場に移動を開始したとのことが発覚。なぜ、隣の戦場に向かったかというと、

 

f:id:akira-5:20180726054313j:plain

 

そう。最前線の戦場に来ている楊端和の討伐に向けて、さらに戦力を投下する作戦の模様。

 

ただでさえピンチな楊端和。士気をあげているメラ族軍がどのように助けに入るのか、楽しみですね!

 

この、ブネン軍の行動が2つ目の見所です!

 

絶体絶命

 

3つ目です。

 

日没になり、闇にまぎれて逃げ切る想定であった楊端和ですが、趙軍とロゾ軍の予想以上の追撃になかなか逃げ切れない様子。

 

そして、走り続ける先に、ある場所にたどり着きました。それが、

 

f:id:akira-5:20180726054442j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054502j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054528j:plain

 

敵が有利な行き止まりの空間に誘導されてしまった様子・・!!

 

敵軍の方が数が多く、逃げ場もなく、味方は満身創痍。絶体絶命の危機ですね。誰もが諦めかけていましたが、

 

f:id:akira-5:20180726054642j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054712j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054740j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054759j:plain

 

f:id:akira-5:20180726054821j:plain

 

楊端和だけは、この状況でも全く勝利を諦めていませんでした!!

 

うおおオォォォ!!

楊端和、本当にかっこいいですね!リボクと戦った時の王騎将軍を思い出しますね!!

 

どんな状況でも「どうすればこの状況を打開できるか」を考え、味方の士気を高める。

 

大将軍に必要な資質を楊端和が備えていることがよくわかるシーンですね!!かっこよすぎです!!

 

この、絶体絶命の状況下での楊端和の行動が、今週号最後の見所です!

 

終わりに

 

いかがでしたか?

 

メラ族、完全復活ですね!カタリの仇を討つためにも、必ずブネンさんを討ち取って欲しいですね・・!!

 

そして、できればキタリではなく壁がブネンを討ち取ると最高なのですが・・・!!

 

壁さん、今のところ良いところがほとんど無いので、「ブネンを討ち取った後、楊端和の身代わりになって討ち死に!」くらいやって欲しいですね笑

 

ちなみに、最近の『キングダム』ですが、楊端和や壁は以前から活躍していたのですが、その過去を振り返るとなお楽しむことが出来ます!

 

もちろんマンガを読み直すのもいいのですが、個人的にはアニメ版『キングダム』で振り返ることを強くおすすめします!

 

理由は単純で、映像がキレイでかつ迫力がありキャラの声優がとても豪華でキャラに合っていて最高にクオリティが高いからです!

 

今ですと、【Hulu】を使えば『キングダム』を全話視聴することが出来ます!

 

加えて、現在【Hulu】では2週間の無料おためし期間があるので、無料期間中に解約してしまえば、実質無料で『キングダム』を全話視聴できます!

 

www.akira-5.work

 

↑こちらの記事により詳しく書いてあるので、ぜひ参考にしてください!

 

 

hulu

 

 

↑こちらのリンクからも無料登録が出来ますので、まずは「習うより慣れろ」の精神で無料登録してみてください!

 

そして、『キングダム』をより一層楽しんでください!

 

さて!状況的に、楊端和軍の戦いもクライマックスに近づいてきましたね!

 

ただでさえ不利な戦況に加えてブネン軍まで攻めてくるという絶体絶命のピンチ。

 

まだ勝つつもりの楊端和ですが、実際かなり厳しい状況であることは何も変わってないですからね・・。

 

キタリが新しい族長となり、また勢いを吹き返したメラ族・壁軍が救世主になると信じて、また来週を待ちたいと思います!

 

かっこいいところ見せろよ、壁・・・!!

 

以上、あきらでした!