Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【ネタバレ注意】素晴らしきライバル関係!ハイキュー!! 309話 【感想】

 

こんにちは、あきらです。

 

今週も毎週楽しみにしている週刊誌である週刊少年ジャンプを購入しました!現在のジャンプ漫画のほとんど全てを読んでいますが、その中でも僕が一番おもしろいと感じているマンガであるハイキュー!!のレビューをしていきたいと思います!

 

現在は全国大会という大舞台で、烏野 VS 音駒の因縁の対決である『ごみ捨て場の決戦』が行われていて、毎週試合が大変白熱しております。もちろん、今週もとても盛り上がる展開でしたので、しっかりとお伝えして行きたいと思います!

 

ちなみに、「先週号を見逃してしまった!」「しばらく読めていなかったから、展開がよくわからないよ」「先週の話を振り返ってから今週号を読みたい!という方は、

  

www.akira-5.work

 

↑こちらが先週号の記事です!

 

ちなみに先週号は、空中で粘る烏野と地上で粘る音駒の持久戦が繰り広げられている中で、体力おばけの烏野1年生コンビ、日向と影山が流れを引き寄せるプレーを連発する回でもありましたので、1年生コンビファンの方は必見回ですね!

 

個人的にとても先週号の内容は熱かったので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

目次

 

 

今週号の見所

 

今週号は、烏野の”裏エース”である田中の活躍と、そのライバル関係にあるトラとの因縁が1つの見所です!併せて、トラにはもう1人ライバルがいるという所も見所ですね!

 

もう1つは、日向のプレーに変化が現れ始めました。それが一体どんな展開を生んでいくのか、というのが見所だと思います!

 

早速、1つずつ紹介していきます!

 

✅1.日向 VS リエーフ

 

まず1つ目です。

先週、日向の疲れ知らずのブロックにより優勢になったかに見えた烏野高校。しかし、審判のジャッジはタッチネットとのことだったので、結局音駒の得点になってしまいます。そして、

 

f:id:akira-5:20180709155547j:plain

 

ライバルである日向のその結果を純粋に褒め、認めるリエーフ。すごくいいやつなのは分かりますが、天然って言うんですかね、こういうの?日向とトラが渋い顔してるのが面白いですね笑

 

f:id:akira-5:20180709155620j:plain

 

f:id:akira-5:20180709155657j:plain

 

そして、リエーフもブロックを決めますが、審判のジャッジは惜しくも「アウト」に。烏野も音駒も、試合が進むにつれてブロックの精度が高くなっていきます。

 

試合の中で切磋琢磨しながらお互いにどんどんと強くなっていきますね!先に勝機を掴むのはどちらなのか!これが最初の見所です。

 

✅2.トラのライバル

 

2つ目ですね!

相変わらず、激しいラリー戦を続ける烏野と音駒の両校。しかし、そんな均衡をまたしても烏野がサービスエースでぶった切ります。その選手こそ、

  

f:id:akira-5:20180709155749j:plain

 

我らが烏野の次期エース、田中ですね!サーブ練習をしている風景がちょいちょい写っていましたが、ディフェンス力の高い音駒相手にサービスエースを取るほど成長していたんですね・・・!!素晴らしいすぎます、田中!

 

そんな素晴らしいプレーをする選手のことを賞賛するのは味方だけではなく、

 

f:id:akira-5:20180709155850j:plain

  

f:id:akira-5:20180709155913j:plain

 

f:id:akira-5:20180709155939j:plain

 

音駒のエース、トラがライバルと認めるほどです。「音駒に ”もう一本" はねーぞ」という夜久さんのセリフ通り、二連続のサービスエースを許さず完璧にレシーブするトラ。相変わらず、防御力が強すぎますね笑

 

加えて、トラには田中以外にもライバルがいるようで、 

 

f:id:akira-5:20180709160110j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160201j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160227j:plain

 

味方である、福永ですね!!音駒内にも、こういうライバル関係めいたものがやはりあるのですね!黒尾と夜久さんは最初仲悪かったですけど笑

 

そして、烏野は第1セットで音駒相手にこの試合で最初にサービスエースを奪い取った最強のピンチサーバー、山口を投入。お得意のジャンプフローターサーブを放ちますが、

 

f:id:akira-5:20180709160305j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160327j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160400j:plain

 

福永、トラのライバルコンビプレイにより、さらにチームに勢いをつける音駒。日向・影山もそうですが、仲間内でライバル関係にあると、試合中の切磋琢磨しつつお互いを認めている感じがもう、素晴らしく最高ですね!僕はこういう感じ、すごく好きです笑

 

この、音駒エース、トラの2人のライバルと、その仲間内の友情が2つ目の見所です!

 

✅3.日向の変化?

 

最後ですね!

激しいラリー戦が繰り広げられる『ごみ捨て場の決戦』ですが、やはり鍵を握るのは全国大会を見渡してもとても珍しいプレイをし、一目置かれている、日向の活躍ですね!

 

f:id:akira-5:20180709160507j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160535j:plain

 

前衛に上がった瞬間から全開の日向。リエーフの強力なスパイクもワンタッチしてみせ、攻撃、防御ともに活躍をみせます!バチバチな感じの2人がかっこいいですね!

 

そして、日向の18番、変人速攻で反撃にかかりますが、

 

f:id:akira-5:20180709160558j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160621j:plain

 

f:id:akira-5:20180709160649j:plain

 

結果は、日向にしては珍しく、アウト。これは、一体どういう意図の「アウト」なのでしょうか?日向が驚いている様子なので、何かを狙ったアウトではないのかな?と思うのですが・・・。

 

ストレート方向にスパイクをしようとしたら失敗したとか、影山みたいにボールに回転を加えて変化をつけたかったのか、ブロックが見えすぎて狙いすぎたのか・・・。

 

・・・わかりませんね、はい。笑

日向が覚醒してくれたら嬉しいので、悪い方面のアウトではなく、進化する方面のアウトのことを祈ります!これが、最後の見所です!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

終わりに〜 

 

いかがでしたか?

 

また今週もえらい盛り上がりましたね!個人的にですが、ハイキューは敵チームのキャラクターにもストーリーというか、『どういう気持ちで試合に臨んでいるか』みたいなことがしっかり描かれているのが本当に素晴らしいと感じています。

 

今週の話を読んで、音駒のトラや福永も好きになりました。こういう、キャラを大切にしているところも、僕がハイキュー!!を気に入っている理由の1つですね!

 

このとても白熱している烏野 VS 音駒『ごみ捨て場の決戦』は、以前に行われていた練習試合や合同合宿時の風景を振り返っていると、田中とトラのエピソードなども補完できて、より一層試合を楽しむことができます。

 

もちろんマンガを読み返すのもいいのですが、個人的には変人速攻のスピード感かっこいい映像にキャラの声も合わさり、試合などにとても迫力があるので、アニメ版の『ハイキュー!!』で振り返ることもアニメとしてのクオリティが非常に高いため、とてもおすすめです。

 

今なら ”FODプレミアム” を利用すればアニメ版『ハイキュー!!』を全話視聴することができます。加えて、今ですと1ヶ月間の無料お試し期間がありますので、無料期間中に解約すれば実質無料でアニメ版『ハイキュー!!』を全話見放題で視聴できます。

 

www.akira-5.work

 

↑こちらの記事に詳細が書いてありますので、ぜひ参考にしてください!

 

FODプレミアム

 

↑また、こちらのリンクから登録もできますので、ぜひこの機会に ”FODプレミアム” を利用して、毎日の生活をより充実させてください!

 

いやー。それにしても、第2セットが始まってからというもの、毎週毎週おもしろさが加速していく感じがしますね!

 

白鳥沢戦以外では、基本的に第1セットを公式戦で落としたことのない烏野。「追いかける展開」より「逃げ切る展開」の方が多かったと思いますので、この烏野としては珍しい局面をどう乗り切っていくか、これからが楽しみですね!

 

また、日向がどのように進化していくのかも楽しみにしつつ、来週の展開も楽しみにしたいと思います!

 

以上、あきらでした!