Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【愛が重い】恐怖すら覚える、ヤンデレヒロイン漫画7選【厳選】

 

こんにちは、あきらです。

突然ですがみなさん、恋人や婚約者はいらっしゃいますか?僕には恋人がいますが、恋人がいるだけで本当に毎日が充実して、楽しいですよね。恋人はこれからつくるという方も、おそらく理想の恋人像があるかと思います。

 

女性のタイプも様々あるかと思いますが、「サバサバしてあまり干渉してこない女性」が好みという方もいれば、「とても一途ですごく嫉妬深く愛が重いが、ずっと尽くしてくれる女性」がタイプな方もいらっしゃると思います。

 

でも、「サバサバした女性」はなんとなくイメージできるものの、「嫉妬深く愛が重い女性」と聞くと、一体どのくらい強烈なのか、さじ加減がよくわからないですし、想像しづらいですよね。

 

現実で経験したことのないことやイメージ出来ないことは、漫画というツールを利用して疑似体験してしまおう!”というのが僕のスタンスです。なので今回は「愛が重いヤンデレヒロイン」が登場するおすすめの漫画を紹介していきたいと思います。

 

つまり、ヤンデレとは何か?」を追求しようということですね!ちなみに、この言葉を聞き慣れない方のために簡単に解説しますが、ヤンデレとは精神的に病んだ状態にありつつ他のキャラクターに愛情を表現する様子」を指す言葉です。少しわかりづらいかもですが、作品紹介でニュアンスを掴みつつ読み進めていただければと思います!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・目次

 

ヤンデレヒロイン漫画

 

✅1.こはるの日々

 

f:id:akira-5:20180517112105j:plain

 

ごく普通の高校生、鳥居 晃は、ある朝、通学の電車内で急ブレーキによりバランスを崩して転びそうになった女子生徒を助ける。その女子生徒は、同じ高校に通う睦月 こはるだった。

 

こはるは晃に好意を抱くようになるが、彼女は愛が重く、放課後、誰もいない教室で、こはるは晃のリコーダーを舐めていたりと、こはるの求愛行動はとても変態的。晃は、その勢いに押し流されるように、こはるとの交際を始めるのであった。

 

見た目は普通でかわいらしいヒロイン、こはるが、そんな可憐な見た目からは想像もつかないようなヤンデレ行動をするのが見所。おすすめの作品です!

 

 

✅2.危ノーマル系女子

 

f:id:akira-5:20180517112149j:plain

 

 

冷めた性格の少年、秕シンヤと、彼の周りにいる7人の個性的な女性たちの狂気と恋愛に満ちた生活を描いた漫画作品。女の子が怖すぎまして、主人公の部屋をリアルタイム盗撮する子、圧倒的どMな子、連続殺人をする子、中二病で電波な子、ヤンデレブラコンな妹など、様々なヒロインの行動を楽しめます。

 

狂ってるキャラクターが多く登場しますので、いろいろなシーンを見るという意味ではなかなか飽きない作品だと思います。こちらも非常におすすめな作品です。

 

 

✅3.未来日記

 

f:id:akira-5:20180517112209j:plain

 

周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年、天野 雪輝は、見聞きしたことの全てを携帯電話の日記に付けていた。 ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。

 

未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝だったが、その後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いること、そして、その12人による次期時空王の座をかけた”殺し合いのサバイバルゲーム”が開かれていることを知る。

 

こちらの作品、一見普通の作品なのでは?と感じますが、ヒロインが圧倒的に重い子でして、実は雪輝に惚れているストーカーで、雪輝のためなら躊躇無く全てを犠牲にする行動を取るが、雪輝以外には無関心。また雪輝に近づく女性に対しては敵と見なし殺そうとするなど、素晴らしいヤンデレっぷりですので、一読をおすすめします。

 

 

✅4.サエイズ

 

f:id:akira-5:20180517112229j:plain

 

主人公の国木 美沙緒は、転校早々いじめの標的となり、毎日涙を流すような辛い日々を送る。そんなある日、才色兼備で誰もが認める学校中の人気者である、ヒロイン、真木 冴に助けられ、美沙緒への嫌がらせは完全になくなる。

 

美沙緒は冴に気に入られ、美沙緒も冴を慕うが、実は冴は、厳しい条件で束縛を求め、そして、従わない場合はスタンガンで気絶するほどの電流を浴びせるという歪んだ性癖を持っていた。そんな絶望的な状況から、仲間たちの協力を得て、冴の支配から逃れようと奮闘するお話。

 

冴が本当に怖いです。「ヤンデレを通り過ぎてるのでは?」感はありますが、読んでいていろいろな意味でハラハラする作品ですので、おすすめです。

 

 

✅5.ひぐらしのなく頃に

 

f:id:akira-5:20180517112251j:plain

 

人口2000人弱の寒村、雛見沢村へと東京から転居した少年、前原 圭一は、村での生活を満喫していた。そんなある日、圭一は同級生、竜宮 レナの趣味である「宝探し」に付き合うことになり、村外れにある廃棄物の山へ向かう。圭一はそこで写真家、富竹 ジロウと出会う。

 

富竹から、かつてこの地で予定されていたダム計画とその最中に発生した未解決のバラバラ殺人事件について聞かされた圭一は好奇心を抑えられなくなり、事件の概要を知り始め、そこから少しずつ、楽しかった日常は狂いだしてゆく。

 

レナは茨城の学校にいた頃に男子生徒3人をバットで殴り、学校中の窓ガラスを割って謹慎処分を受けているなどクレイジーな性格なので、その一面を楽しめるおすすめの作品です。

 

 

✅6.渡くんの××が崩壊寸前

 

f:id:akira-5:20180517112314j:plain

 

高校生の、渡 直人は妹を溺愛しており、妹の鈴白も、兄にべったりのブラコン。そのため、直人は、部活の勧誘も友達からの遊びの誘いも、すべて10歳の妹の鈴白を理由に断っている。

 

2年前に両親が他界し、親戚をたらい回しにされていたため、2人はお互いに依存し合い、お互いを必要としていた。しかし、渡の隣のクラスに館花 紗月が転校してくることにより、兄妹の平穏な暮らしは崩壊していくことになっていく。

 

登場するヒロインたちは、みなどこか危なげな雰囲気を纏っており、「普通のラブコメ」という枠は間違いなく超越してます。おすすめの作品です。

 

 

✅7.ハッピーシュガーライフ

 

f:id:akira-5:20180517112345j:plain


美少女高校生の松坂 さとうは、頼んだらすぐヤらしてくれるといういわゆるビッチ。しかし「心に決めた人ができたから」と嬉しそうに語り、行動を改める。

 

そんなさとうの自宅にいたのは幼い少女、しお。ふたりは数日前に知り合い、キスをしたり抱きしめ合ったりと異様な結びつきをする。

 

広いマンションの一室に高校生と幼女のふたりだけ、しかもしおは一日中家から出ず、行方不明として探されている子供という、異常な環境で物語は繰り広げられる。

 

主人公のさとうを筆頭に、基本的にやばいキャラしか出てこないという狂気の鬱漫画ですが、絵柄が綺麗で読みやすい、おすすめの作品です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

✅終わりに

 

いかがでしたか?

今回は「ヤンデレ」というものをテーマに書きました。冒頭にも書きましたが、僕は現実で体験したことのない経験をマンガを通して疑似体験するというスタンスで普段マンガを読んでいるのですが、今回読んでみた感想として、「これは現実では絶対に経験したくないなー汗」というのが正直な感想でした。

 

とはいえ、あくまでそれは僕個人の主観なので、愛に満ち溢れたアプローチをしてくれる女性を愛おしく思い、「愛されていること」を実感できるという方もいらっしゃると思いますので、なにはともあれ、まずは「ヤンデレというものがどういう行動をする女性を指すのか」を知る必要があるかと思います。

 

個人的には、「こはるの日々」あたりから入門するとわかりやすいし絵柄も綺麗なので入りやすいかな?と感じましたので、ぜひ興味がある方は一読するべきです!

 

以上、あきらでした!