Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【名言】仕事時に思い出すとパワーがもらえる漫画5選【目指せ優秀社員】

 

 

こんにちは、あきらです。

 

 

 

 

4月も中旬が過ぎ、

新社会人も、二年目以降の先輩社会人も、

だんだんと新しい環境にも慣れ始めてきている頃かと思います。

 

 

 

新社会人にありがちなこととして、

最初は新しい環境でテンションが高く、仕事も初めてなのでやる気が有り余っている

ということがあると思います。

 

 

 

経験上ですが、おそらく、最初の1ヶ月〜2ヶ月間は、

気合だけで仕事をこなしてしまうと思うのですが、

人間は不思議なもので、だんだんと仕事に慣れてくると、

新鮮味がなくなり、モチベーションが低下していきます。

 

 

 

 

モチベーションが低下している時の仕事って・・・

正直、自分も気分がノっていないですし、楽しくはないですよね。

 

 

 

ただ、そこで

今日は気分がノらないから

と思い、毎日なあなあに仕事をしていては、

あっという間に土日だけが楽しみの典型的サラリーマンに成り下がってしまいます。

 

 

 

では、どうすればその状況から脱することができるかというと、

ズバリ、心が踊るような感覚を仕事中に感じることができれば、

初心の、やる気に溢れる自分に戻ることができます。

 

 

 

なぜなら、最初モチベーションが高かったのも、

新しい環境新しい業務に心が踊っているだけだと考えられますので、

ならば疑似的に気分が高揚することを作り出してしまえばOKです。

 

 

 

 

そこで今回は、気持ちを入れ替える手段の1つとして、

感動する漫画のシーンを思い出すことで、自分の気持ちを高ぶらせる

という手法に有効な漫画を紹介しようと思います!

 

 

 

 

イメージとしては、

漫画を読んで胸が熱くなったシーンのキャラクターに自分を置き換える

といった感じでして、

 

 

感覚としては、

心拍数が上がり、胸の内からやる気などが込み上がってくる感じです。

(抽象的な例えで申し訳ありません・・・)

 

 

 

 

これを聞くと、

「少しバカらしい」と考える方もいらっしゃると思いますが、

 

 

僕は、学生時代に営業(訪問販売)で、

プレイヤーチームリーダーの両方の立場を経験し、

営業成績でも1位を何度も経験しましたが、

 

 

毎日安定したパフォーマンスを発揮するのに

この手法がかなり重宝していたので、

その際に特に役立った漫画をお伝えいたしますので、

ぜひ騙されたと思って試してみてください。

 

 

 

 

ちなみに、個人的にコツがありまして、

自分がその心が動いたシーンのキャラだったらどう行動するか

ということを考え、そのキャラになりきるのが大事です。

 

 

自分の意思は要りません。

キャラになりきって、パフォーマンスを良くしましょう。

 

 

 

 

仕事時に思い出すとパワーがもらえる漫画〜 

  

目次

 

 

 

 

 

✅①ハイキュー!! 

 

f:id:akira-5:20180420155218j:plain

 

 

 

こちら、アニメ化もしている

バレーボールを題材にしたかなり有名なスポーツ漫画です。

 

 

 

 

バレーボールが大好きな主人公の日向が、持ち前の身体能力を武器に

全国大会優勝を目指して数々のバレーボール強豪校に挑んでいくストーリーです。

 

 

 

僕は仕事の際、この漫画にかなり助けられておりまして、

どんな方にもおすすめできる優秀な作品です。

 

 

 

基本的には登場するキャラクター全員がそれぞれ信念を持っていて、

各キャラに個性がありかっこいいのですが、

特に名言が多く、とても胸を打つものばかりで、どれも素晴らしいです。

 

 

 

個人的には、相手天才セッターである及川の名言が

仕事がうまくいかない時にめちゃめちゃ力になりました。

 

 

 

そのセリフが、

才能は開花させるもの、センスは磨くもの!!”

 

というものです。

 

 

 

 

営業でなかなか成果が出せなかった時に、

このセリフを思い出して自分を奮起させた経験が多々あります。

 

 

 

もちろん、他にも伝えきれないほど名言がありますし、

ストーリーもかなり心を動かされるものになっていますので、

仕事をする上で、素晴らしいモチベーション材料になること間違いなしです。

 

 

 

 

 

✅②GANTZ

 

f:id:akira-5:20180420155252j:plain

 

 

こちらは、アニメ化・映画化もした

とても有名なSF作品ですので、ご存知の方も多いかと思います。

 

 

 

 

ストーリーは単純なものでして、

死んだはずの人間が、謎の球体GANTZにより、もう一度命を与えられ、

その代償として、生きかえりをかけて命がけの戦闘を繰り返すというものです。

 

 

 

 

この作品からは、

仕事中に使える強いセルフトークを学べます。 

 

 

 

仕事が忙しかったり、うまくいかない事が続くと、

自分には向いていないんじゃないか」「才能がないんじゃないか」 

など、弱気なセルフトークになってしまう事があります。

 

 

 

そんな時に、【GANTZの主人公、玄野になりきると、

あっという間に強いセルフトークに変わります。

 

 

 

お前は、どっかで負けるかもって思ってんだよ。そーゆー奴は負けんだよ

 

絶対あきらめねぇ!!最後の 最後の! 最後の!! 最後まで!! 死んでたまるかよ、生き残ってやる!!

 

 

 

 

ちょっと過激というか、

ビジネスシーンを想定すると大げさに聞こえるかもですが笑、

 

とても力強い言葉ばかりなので、特に営業などで強いメンタルが必要な時

とても重宝します。

 

 

 

言葉をたくさん唱え続けるのが鍵ですね! 

 

 

 

 

 

 

 

✅③弱虫ペダル

 

f:id:akira-5:20180420155318j:plain

 

 

こちらも、アニメ化とドラマ化されている有名な作品ですね。

 

 

 

この漫画は、ロードレースを通じて、魅力的なキャラクターたちが

自分の想いをレースにぶつけ合い、競い合うという作品です。

 

 

 

弱虫ペダルには名言がとても多いのですが、

その名言から、強いセルフトーク仕事をやりきる姿勢を学べます。

 

 

 

中でも、個人的にすごく力になる名言がありまして、

 

 

”ええか小野田くん 全力いうのはな、汗も 血も 最後の一滴まで絞りきることや!”

 

 

 

というものです。

 

 

 

 

 

特に営業マンなどは非常に共感できる言葉かなと思っていまして、

仕事中にこの言葉を思い返すだけで、

 

自分は本当の意味で全力を尽くしているか?

 

と、自分に問いかけることができ、

今一度初心にかえって全力で仕事をやりきることができます。

 

 

 

 

他にも、ロードレースに全てを捧げているキャラ達のセリフは

どれも胸を打つものばかりなので、

必読書だと僕は思っております。

 

 

 

 

 

 

✅④ちはやふる

 

f:id:akira-5:20180420155340j:plain

 

 

こちらも、アニメ化も映画化もされている作品なので、

ご存知の方も多いかと思います。

 

 

 

ちはやふるは、かるたを題材にした圧倒的なスポ根マンガです。

こちらも、仕事時に力をもらえる作品です。

 

 

 

ちはやふるにも、もちろん名言がありまして、

それは、「かるたの才能なんてない」と嘆く友達に発した

 

きついけどやってんだ 負けるけどやってんだ だって勝てたとき どんだけうれしいか……っ”

 

という言葉です。

 

 

 

仕事時のどんな場面で役に立つかというと、

 やはり、仕事がなかなかうまく進まない時などです。

 

 

 

仕事をしていると、うまく事が進まないことはしょっちゅう起こります。

その際に、嫌になってふてくされるのではなく、

このセリフを思い出して、成功している自分を思い描いてみると、

 

もう少しだけ頑張ってみよう!

 

というポジティブな気持ちになれます。

 

 

 

かなりビジネスシーンで役に立つと思います!

少なくとも、僕は営業マン時代にかなりお世話になっていました笑

 

 

 

諦めない心や、挑戦し続ける大切さを

ちはやふる】からは学ぶことができ、

仕事を始めたばかりでやる気に溢れていた、初心に戻れるような作品となっています。

 

 

 

 

 

 

✅⑤キングダム

 

 

f:id:akira-5:20180413225949j:plain

 

 

最後はこちらの作品です。

アニメ化もされ、最近では実写映画化も決まった

不朽の名作だと思います。

 

 

 

 

キングダムは本当に心が躍るような

熱い展開の倉庫なので、その分仕事のモチベーションに繋がる要素も多いです。

 

 

 

 

簡単に物語を説明すると、

元奴隷の階級だった主人公、が、天下の大将軍という夢に向けて

様々な戦場で活躍し、成長していくお話なのですが、

 

 

 

戦場を会社と置き換えてみると、

非常にパワーを感じられるかなりおすすめの作品です。

 

 

 

 

キングダム】にも名言が多々ありますが、

仕事中に力になるものを厳選しますと、

 

 

苦しいんなら俺の背を見て戦え 俺の背だけを見て追いかけてこい!!続け飛信隊っ!!

 

 

ですね、間違いなく。 

 

 

 

主人公が士気が落ちている味方軍に発破をかける際に放った言葉です。

 

セルフイメージとしては、

自分が先頭に立ち、部署内にいい風を吹かせる起爆剤になる

といった、周りの人にプラスな影響を与える自分を想像するといいと思います。

 

 

 

このセルフイメージは、

プレイヤー目線というよりはリーダー目線による

意味合いが強いものですので、

自分も相当やる気が出て、仕事がはかどります。

 

 

 

 

仕事でさらに成果を出したい時などに役立ちますし、

武将ごとの色々なリーダー感にも触れられる作品ですので、

社会で活躍したいと少しでも考えている方は必読ですね。

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〜終わりに〜

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

今回は、実体験も踏まえて

仕事時にパワーをもらえるおすすめの漫画

その漫画の名言とともに紹介しました。

 

 

 

どれも仕事中に思い返せば原動力になりえますので、

ぜひこの5つの漫画をチェックしてみてください。

 

 

 

 

また、各作品は基本的には映像化もしておりますので、

アニメや映画を見るのも有効だと思います。

 

 

 

こちらの5作品ですが、現在U-NEXTの動画サービスを利用すれば、

全ての作品のアニメ、映画を視聴することが可能です。

 

 

 

  

U-NEXTであれば、31日間の無料期間があるので、

実質無料で視聴できるので非常にお得ですので、おすすめです。

 

 

 

自分の中に今回紹介したような

強いセルフトークを流しておくと、

不思議なことに仕事がうまくいったり、現実が好転することが多いので、 

 ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

以上、あきらでした!