Akira blog

当ブログは、元々学生時代営業マンで非常にアウトドアだった筆者が、交通事故が原因で、インドアな生活へと転向したことをキッカケに、インドアでも快適な環境、快適に楽しめるモノなどをレビューしていくブログとなっています。ぜひ一読してみて下さい。

【原作超え!?】フルCG映画!GANTZ:O!!【感想】

 

こんばんは! あきらです!

 

今回は、前回に引き続きになるのですが、僕のオススメの映画を紹介したいと思います!

それが、この、【GANTZ:O】 という映画です!!

 

f:id:akira-5:20180109222023j:plain

 

どういった部分がオススメなのか、早速まとめていきたいと思います!!

 

GANTZ:Oがオススメなポイント

 

1、フルCGが美麗でかっこいい

2、声優が豪華

3、バトルシーンの迫力満点さ

 

では早速、紹介していきたいと思います!

 

 

✅1、フルCGが美麗でかっこいい

 

これは言わずもがなですね!

まず、絵がすごく綺麗なんです!

 

以前に、二宮和也さんが主演でGANTZの映画が上映されていたと思うのですが、もちろんそちらも面白かったのですが、やはり漫画原作なので、迫力に限界がありました。(と、僕は思っています)

 

しかし今回、フルCGにすることによって、GANTZ本来のキャラのかっこよさグロさなどはそのままに、しかも武器などのエフェクトも完全再現されていて、かなり完成度が高かったように感じます!

 

特に、Zガンという上から重力弾のようなものを落として攻撃する銃があるのですが、 それが本当にイメージ通りで、最高にかっこいいです。

 

原作ファンでも必ず楽しめるクオリティになっていると思います!

 

 

僕は面白すぎて3回も観に行ってしまいました笑

 

 

最初は少しCGの絵に慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、すぐに慣れます!

そして、すぐにGANTZの世界観に引き込まれて行くと思います。

 

フルCG映画は珍しいと思うので、それを見るだけでも一見の価値ありだと思います!

 

✅2、声優が豪華

 

少しマニアックかもしれませんが、 アニメなどをよく見ている人ならわかると思うのですが、声優陣がすごく豪華です。

 

主人公の加藤 勝には、小野 大輔さんが、

GANTZチームのリーダーである玄野 計 には、梶 裕貴さんが、

ヒロインである山咲 杏には、M・A・Oさん

 

が声優を務めるなど、 アニメや声優好きの方でも充分に納得のいく、素晴らしいキャスティングがされています!

 

それに、他にも大阪チームのGANTZのキャラの声を(重要な強キャラの声)、お笑い芸人のケンドーコバヤシさん、レイザーラモンHGRGさんが務めるなどの要素もあるのですが、

 

正直僕は、

 

「え、お笑い芸人が声優かよ。絶対変になるじゃん」

 

と思っていたのですが、 実際見てみると。。。

 

これがまた非常に声優がうまい!!

冗談抜きで、本当に本業にした方がいいんじゃないかと思うくらい声優がうまいんです!絶対に驚くので、 ぜひ実際に見て、聞いてみていただきたいですね!

 

 

✅3、バトルシーンの迫力満点さ

 

最後はやっぱりこれに尽きます!!

 

以前の記事にも書いたのですが、正直GANTZにはそこまで壮大なメッセージ性があったり内容があるわけではなく(僕の主観ですので、気分を害されたら申し訳ありません)

 

その面白い設定と迫力のあるバトルシーン、生死の境での敵との死闘の中で起こる葛藤が面白いところだと思うのですが、

 

今回フルCGになって、迫力が本当にすごいです!

 

ところどころ設定に変更はあるものの、銃の威力や迫力、キャラクターのアクションの俊敏さ、漫画では表現しきれていないスーツのカッコよさなど、全てを取っても素晴らしいと思います!

 

個人的には、やはりZガンGANTZのハードスーツが一番の見どころかなと思っております!

 

どちらも、100点をクリアした人が手に入れられる新武器なのですが、見惚れるくらいかっこいいです! それを見るだけでも、価値のある作品だと思います。

 

 

・逆に、少し残念だったポイント を紹介したいと思います。

 

・少し残念だったポイント

 

1、登場キャラが原作に比べ減っている

2、キャラクターのキャラが少し弱くなっている

 

こちらについても説明していきます!

 

✅1、登場キャラが原作に比べ減っている

 

まあこれはあれですね。 俗に言う大人の事情ですね、間違いなく笑

 

今回参加した東京チームのメンバーは(東京と、大阪でチーム別になっているのですが)、4人参加となっているのですが、原作ではこれが8〜9人ほど参加しています。

 

しかも、かなり闘いで役に立つメンバーが抜けているので、制作の都合上仕方のないことなのですが、それが少し残念な点です。

 

今回出演しなかったメンバーの闘いも熱いものばかりで、迫力のあるものが多かったので、原作ファンの僕としては少し残念でしたね。

 

その分、原作以上に活躍したキャラなどもいたので、それはそれでよかったのですが!登場できなかったキャラクターのかっこいいシーンもたくさんあったので、そこが 少し残念でしたね。

 

 

✅2、キャラクターのキャラが少し弱くなっている

 

これですね。 少し残念だったポイントは。

 

大阪チームのメンバーは強すぎて暴れまわる。 ここの構図は変わらなくてよかったのですが、 東京チームの加藤以外のメンバー、どうした!笑

 

原作でも確かに闘いはほとんど大阪チームに任せてあまり闘わないのですが、

 

「他の人を守れるほど、私たちは強くない」

 

みたいな、そんなこと言うほど弱かったっけ、君たち?って思ってしまいました笑

 

仮にも玄野リーダーのもとで修行とかしてたんじゃないのかよ!と、原作との設定の違いに少しギャップを覚えました。

 

特に鈴木のおっちゃん!!笑セルフトークが弱くなっちゃってるよ!!笑

 

西くんというキャラだけは、ほとんど原作通りでしたけどね笑  わからないと思うので、ぜひ原作を読んでみるか、映画を見てみてください笑

 

✅、終わりに

 

以上がGANTZ-Oを観たレビューになりますが、とにかく感想は、また観たくなるくらい面白い映画でした!

 

原作ファンにはもちろん、原作を知らない人でも世界観に入りやすい設定になっていたと思うので、ぜひ観て頂きたい作品の一つです!

 

少しでも僕のレビューで興味が出たら、観てみるのを検討してみてください! 必ず後悔はしないと思います!!

 

以上、あきらでした!!